公式HPでの予約を検討の施設必見! 自社予約システムまとめ




公式HPでの予約を検討の施設必見! 自社予約システムまとめ

自社予約システムとは?

じゃらんnetや楽天トラベル、Expedia、Booking.comなどの宿泊予約サイト(OTA)とは違い、手数料なしで自社HPで予約システムをもち、管理できるツールのことを指す。各予約サイト(OTA)は、10%前後の送客手数料(システム利用料)が1予約につきかかるが、自社予約システムを持てば手数料がかからないので、近年自社HPからの予約数UPに力を入れている宿泊施設が増加している。

上手いこと利用すれば売上UPにも繋がり、客室単価UPも見込める。しかし、現在自社予約システムは多数存在するので、それぞれのシステムをしっかりと理解し、どのシステムが自分のホテルや旅館に合っているか判断しなければならない。大手では、じゃらんnetが出している「ホームページダイレクト」、楽天トラベルが出している「R-with(アールウィズ)」がある。それ以外にも有料でもパフォーマンスの高い自社予約システムが出ているので、検証していこう。

無料の自社予約システム一覧

ホームページダイレクト

じゃらんnetが提供する無料の自社予約システム。宿のホームページはあるが予約管理システムは持っていない宿泊施設に向けて、じゃらんnetで販売しているプランや部屋タイプと同じ画面の予約システムを提供している。送客手数料0円で予約を入れることができるメリットがある。しかし、じゃらんnetに在庫を入れることが条件。

R-with

楽天トラベルが提供する無料の自社予約システム。宿のホームページはあるが予約管理システムは持っていない宿泊施設に向けて、楽天トラベルで販売しているプランや部屋タイプと同じ画面の予約システムを提供している。送客手数料0円で予約を入れることができるメリットがある。しかし、楽天トラベルに在庫を入れることが条件。

有料の自社予約システム一覧

予約番
予約プロプラス
宿シス

宿シスの詳細を見る宿シスのサイトを見る

どの自社予約システムがいいのか?

じゃらんnetの「ホームページダイレクト」や楽天トラベルの「R-with」はそれぞれのサイトに在庫を入れていれば自社予約システムは無料で使用できるが、その他の有料のシステムは、プランにオプションを付けたり、客室単価アップを見込める点で便利といえる。そして何より、お盆や年末年始、GWなどの繁忙期に、手数料をかけずに予約の販売をできることが大きなメリットだ。

将来的に、じゃらんnetや楽天トラベルに頼らず、自社の公式サイトのみで販売を強化したい施設は、有料のシステムを使用するのがおすすめ。しかし、じゃらんnetや楽天トラベルで予約販売画面の表示順位を下げたくない施設は「ホームページダイレクト」や「R-with」を使用することをおすすめする。

(HOTELIER編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で