USENバナーコンテンツ上部

自社予約システムのまとめ・比較

自社予約システムとは?

じゃらんnetや楽天トラベル、Expedia、Booking.comなどの宿泊予約サイト(OTA)とは違い、手数料なしで自社HPで予約システムをもち、管理できるツールのことを指す。各予約サイト(OTA)は、10%前後の送客手数料(システム利用料)が1予約につきかかるが、自社予約システムを持てば手数料がかからないので、近年自社HPからの予約数UPに力を入れている宿泊施設が増加している。

上手いこと利用すれば売上UPにも繋がり、客室単価UPも見込める。しかし、現在自社予約システムは多数存在するので、それぞれのシステムをしっかりと理解し、どのシステムが自分のホテルや旅館に合っているか判断しなければならない。大手では、じゃらんnetが出している「ホームページダイレクト」、楽天トラベルが出している「R-with(アールウィズ)」がある。それ以外にも有料でもパフォーマンスの高い自社予約システムが出ているので、検証していこう。

無料の自社予約システム一覧

ホームページダイレクト

じゃらんnetが提供する無料の自社予約システム。宿のホームページはあるが予約管理システムは持っていない宿泊施設に向けて、じゃらんnetで販売しているプランや部屋タイプと同じ画面の予約システムを提供している。送客手数料0円で予約を入れることができるメリットがある。しかし、じゃらんnetに在庫を入れることが条件。

R-with

楽天トラベルが提供する無料の自社予約システム。宿のホームページはあるが予約管理システムは持っていない宿泊施設に向けて、楽天トラベルで販売しているプランや部屋タイプと同じ画面の予約システムを提供している。送客手数料0円で予約を入れることができるメリットがある。しかし、楽天トラベルに在庫を入れることが条件。

有料の自社予約システム一覧

D-EDGE (ディーエッジ)

シンプルな予約プロセス、洗練されたデザイン、豊富なマーケティング機能を兼ね備え、自社サイトの直販コンバージョン率を高めるユーザビリティを追求した、CRSベースのパワフルな予約システムです。
モバイルファーストで設計されたマルチデバイスエンジンは35言語/66通貨に対応し、国内外を問わず世界中のエンドユーザーがストレスなく予約できます。
D-EDGEは10年以上のホテル向けデジタル広告支援の経験を持ち、Googleプレミアパートナーに認定されています。旅行の検討段階から予約完了に至るまで、カスタマージャーニーのあらゆるタッチポイントで顧客の囲い込みを行う包括的なデジタル広告支援もオプションで提供。

D-EDGE (ディーエッジ)詳細を見るD-EDGE (ディーエッジ)のサイトを見る

Direct In(ダイレクトイン)

 

ダイナテック株式会社が開発した、業界No.1の導入施設数の自社予約システム。
初期費用0円で提供される最新モデルの「Direct In S4」では、自社予約システムとして必要十分な基本機能に加え、「ソーシャルログイン」や「自動翻訳(※近日リリース)」にてさらなる機能強化を実施。
最短3ステップで予約が完了する動線設計でのUIデザイン一新に加え、表示速度の抜本的な改善により機会損失を防ぐことで、施設の売上に大きく貢献。
また、業界で唯一公式サイトプランをYahoo!トラベルにもメタサーチ連携できる「D-RISE」も標準機能として提供。

Direct In(ダイレクトイン)詳細を見る Direct In(ダイレクトイン)のサイトを見る

tripla(トリプラ)

tripla株式会社が次世代型宿泊予約システムとして開発した「triplaホテルブッキング」。
自社予約比率の向上を追求するため、[最短4クリック予約] [OTA自動価格取得のベストレート機能] [会員機能] [プロモーション機能]など、宿のホームページに訪れたお客様を逃さず、リピーターにさせる様々な機能を用意している。
また、多言語対応に、オプション販売や、Google Hotel Ads連携、事前決済のカード手数料1.8%も好評。

tripla(トリプラ)の詳細を見るtripla(トリプラ)のサイトを見る

CHILLNN(チルン)

CHILLNNは『ブランドを生み、育てる ただひとつの宿泊予約システム』です。
旅の玄関口である『予約』という部分を彩り、泊まる前からワクワクできるような体験を提供することでホテルの自社マーケティングを支援し、自社予約比率・リピーター率・客単価の向上や固定費用の削減に貢献します。
実際にホテルを運営しながら開発した予約エンジンのため、現場目線で求められる「顧客管理や在庫変動」「特殊プランの作成」「オプション販売機能」などの全ての機能を追加利用料なしでお使いいただけるホテル様に優しいシステムです。

CHILLNN(チルン)の詳細を見るCHILLNN(チルン)のサイトを見る

予約番

「予約番」は、株式会社キャディッシュが開発したインターネット宿泊予約システム。「TL-リンカーン」「TEMAIRAZU」「らく通」「ねっぱん!」などの様々なサイトコントローラーと連動可能。自社予約・ネットエージェントの料金や空室が一元管理できるので、予約サイト管理の手間が大幅に削減できることが特徴だ。また専用ダイヤルにて365日、24時間トラブルに対応している。

予約番の詳細を見る予約番のサイトを見る

宿シス

株式会社ウイングが開発を手がける、日本旅館協会推奨のホテル・旅館向け自動予約システム。細部に至るまで利用されるお客様の視点でデザインされた「予約画面」を実現。お客様にプランを存分に比較、検討していただきやすい作りになっているのが特徴だ。

宿泊実績の顧客管理と連動したメルマガ配信システムを搭載しており、別途メルマガ配信サービスをご契約される必要はない。メールマーケティングにかかる費用を抑えることができるのも魅力。

宿シスの詳細を見る宿シスのサイトを見る

予約プロプラス

「予約プロプラス」は、株式会社アビリティコンサルタントが開発したホテル・旅館向け宿泊予約システム。プランカレンダー画面から日付を選択後、最短3ステップでの予約が可能。予約完了までの画面遷移を減らすことで、お客様のページ離脱を防ぐことができる。また英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語・ベトナム語で表示する予約ページの作成機能を無料で利用できるため、インバウンド集客に最適だ。

予約プロプラスの詳細を見る予約プロプラスのサイトを見る

どの自社予約システムがいいのか?

じゃらんnetの「ホームページダイレクト」や楽天トラベルの「R-with」はそれぞれのサイトに在庫を入れていれば自社予約システムは無料で使用できるが、その他の有料のシステムは、プランにオプションを付けたり、客室単価アップを見込める点で便利といえる。そして何より、お盆や年末年始、GWなどの繁忙期に、手数料をかけずに予約の販売をできることが大きなメリットだ。

将来的に、じゃらんnetや楽天トラベルに頼らず、自社の公式サイトのみで販売を強化したい施設は、有料のシステムを使用するのがおすすめ。しかし、じゃらんnetや楽天トラベルで予約販売画面の表示順位を下げたくない施設は「ホームページダイレクト」や「R-with」を使用することをおすすめする。

(HOTELIER編集部)

その他のホテル運営支援サービス


ホテル関連のオススメしたいサービス

電気代の節約サービスや非対面チェックインシステム、ホテルの運営代行サービスなどをご紹介しています。

新時代のウイルス対策

コロナ対策で光触媒!先着100名様限定!
¨ホテリエみた¨で5%off
「ウイルス侍」
 

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。
ホテル・旅館の運営代行なら「オックスコンサルティング」

詳細を見る


あなたにオススメ

記事をもっと見る