Staysee(ステイシー) 特徴・概要

Staysee(ステイシー)とは

「接客」に注力できる仕組み作りをシステムで応援したいという想いで、中・小規模の宿泊施設向けにホテルシステムサービスを提供しているステイシー株式会社。従来の宿泊管理システムのような初期導入コストをかけず、クラウド型のWebで完結するホテルシステムを提供することで、月額料金も安価にサービス提供を行っている。

利用者が使いやすいシステム開発を行うため、温泉旅館やビジネスホテルの運営ノウハウを取り込んでいることが特徴で、サービス開始から1年ほどで既に約200施設が登録をしている。

Stayseeの概要

サイト名 Staysee(ステイシー)
サイトURL https://staysee.jp/
提供会社 ステイシー株式会社
導入実績数 登録施設数 約200施設
主な導入ホテル 旅館・ビジネスホテル・ゲストハウスなど中・小規模の宿泊施設がメイン
海月館様、佐用フュージョン倶楽部様、グランパスinn白浜様、ホテルリプレイス大阪なんば様、ホテルムニン富良野様、鳴門グランドホテル様、国民宿舎千畳苑様、サンリバー大歩危様、高知サウスブリーズホテル様、ホテルココモ様、サンライズ淡路様、東浦サンパーク様 ほか

※上記データは、2019年3月時点のもの

Stayseeの特徴

1.初期費用無料!月額980円(税込)の業界最安値クラスのホテルシステム

利用部屋数に関係なく一律料金で分かりやすい料金体系を採用しているのが特徴。3つの料金プランを用意し、基本的な機能が揃ったプラン「ライトプラン」は月額980円(税込)から利用可能!またサイトコントローラーとの連携を行う「アドバンスプラン」でも月額9,980円(税込)で利用できる。今なら3ヶ月無料で「スタンダードプラン」の全機能をお試しできるので、実際の操作を体験してから導入できるのも嬉しい。

2.予約状況が簡単にわかる

客室のパネルは自由に配置でき、各施設に合わせて画面のレイアウトができる。誰にでも操作しやすいことから、「パートさんでも使っていただきやすい」と多くの導入ホテルから支持を得ている。クラウド型なので、予約状況や稼働率、売上等の管理を宿泊施設内はもちろん、外出先でも簡単に確認できるのが魅力である。

3.食事会場や宴会場の予約管理も可能

リアルエージェント(旅行代理店)と取引がある場合に必要なクーポンの入金管理や売掛管理を行うことが可能。また、部屋食の提供を行う場合に必要な客室係員の割付が行える。予約管理は客室だけでなく、食事会場や宴会場、会議室などの予約管理も行えるため、ビジネスホテルはもちろん、旅館やリゾートホテル、ゲストハウスや民泊まで幅広い宿泊施設で利用できる。

詳細・お問い合わせ

サービス内容や料金の詳細についてより詳しく知りたい方は、下記からお問い合わせください。

Stayseeのサイトを見る

(HOTELIER編集部)

その他のホテルシステム

その他のホテル運営支援サービス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る