【2018年11月20日~21日 沖縄県】平成30年度インバウンド対応医療態勢整備支援事業 「観光従事者向け 病気!ケガ!の外国人観光客対応セミナー」

【2018年11月20日~21日 沖縄県】平成30年度インバウンド対応医療態勢整備支援事業 「観光従事者向け 病気!ケガ!の外国人観光客対応セミナー」
近年、訪日外国人の増加と共に、旅行の際の不慮の病気やケガも増えています。2020年には東京オリンピック・パラリンピックも控えるなど、今後も益々の増加が見込まれる中で、外国人観光客の傷病発生時に、観光従事者が速やかに対応できる方法を習得することを目的に本セミナーを実施いたします。
開催日時 2018年11⽉20⽇(火)~21日(水)
時間 13:00~15:30
主催 沖縄県、(一財)沖縄観光コンベンションビューロー
開催場所
【宮古島会場】
2018年11月20日(火)
沖縄県宮古合同庁舎 2階講堂(宮古島市平良西里1125番地)
【石垣島会場】
2018年11月21日(水)
沖縄県八重山合同庁舎 大会議室(石垣市真栄里438-1)
開催概要 【座学】OCVB
入域外国人観光客の現状、傷病時の課題、ハンドブック・コミュニケーションシートの活用方法の紹介(15分)

 

【事例動画】ゲストコメンテーター(医療機関、消防等)
外国人観光客の傷病時の事例動画で、具体的な対応方法を学びます(45分)

【救命講習入門コース】消防
消防職員指導のもと、AEDの使用法や心肺蘇生法等を学びます(90分)

※対象者:県内インバウンド関連業者、市町村、観光協会、観光関連事業者 等

受講料 定員:各会場40名まで
参照URL セミナーの詳細や申し込み方法につきましては、こちらをご確認ください。

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で