セミナー掲載依頼(無料掲載)

HOTELIERにホテル・旅館セミナー情報を掲載しませんか?
ホテル・旅館関連事業者の方は下記よりお申し込みください。

セミナー情報掲載を依頼する

【2019年2月4日・5日 奈良県/ 奈良市】平成30年度「持続可能な観光」国際シンポジウム開催

【2019年2月4日・5日 奈良県/ 奈良市】平成30年度「持続可能な観光」国際シンポジウム開催

観光庁では、昨年国連が定めた2017年「開発のための持続可能な観光の国際年(IYSTD)」を踏まえ、UNWTOと連携し、三重・岡山で「持続可能な観光国際年」記念国際シンポジウムを開催したのに引き続き、本年度も奈良県において「持続可能な観光」国際シンポジウムを開催します。

本シンポジウムでは、「持続可能な開発目標(SDGs)」達成のため観光が果たす役割やその重要性についての理解を促進するため、持続可能な観光に関する国内外の先進事例を共有・発信することとしております。ぜひ、この機会にご来場ください。

開催日時 2019年2月4日(月)・5日(火)
時間 4日:10:00~12:00
5日:10:00~17:00
主催 観光庁及び奈良県 ※後援:世界観光機関(UNWTO)
開催場所 奈良春日野国際フォーラム「甍」(奈良公園内)
(〒630-8212 奈良県奈良市春日野町101)
開催概要
<プログラム>
2月4日(月)

●10:00~10:15 開会式

●10:20~10:50 講演Ⅰ 【UNWTO 幹部】
「持続可能な観光国際年」後の「持続可能な観光」への取組と SDGs 達成に向けた展望

●10:50~11:20 講演Ⅱ 伊藤 忠通 奈良県立大学学長
「持続可能な観光」に関する奈良における取組事例

●11:20~11:50 講演Ⅲ 北岡 伸一 JICA 理事長(予定)
SDGs 達成と「持続可能な観光」について ~ JICA、地域、国際社会から ~

2月5日(火)

●10:00~10:30 基調講演 久保 成人 日本観光振興協会理事長
産業観光を用いた滞在型観光と地域経済の持続的な発展

●10:40~12:00 パネルディスカッションⅠ
地域に根ざした産業を観光資源とする取組について ~ 事業者の立場から ~
・産業を新たな観光資源としている事例について着目し、主に観光を産業として活かしている事業者の取組を紹介しつつ、事例を共有する。

【スピーカー】

  • 地元スピーカー(産業関係者)
  • 地元スピーカー(産業関係者)
  • 国定 勇人 三条市市長
  • タイ国より産業観光関係者

【モデレーター】
吉兼 秀夫 京都外国語大学グローバル観光学科教授

●13:15~14:30 特別セッション 「持続可能な観光」の実現に向けた取組 ―海外、若者からー
・中央アジア5ヶ国の観光政策担当者が自国の魅力、PR、招請事業で得た知見の発表を行い、学生側が政策担当者とのディスカッションを通じて、「責任ある旅行者」になるための意見を発表する。

【参加者】
中央アジア5ヶ国の政策担当者、奈良県立大学生(予定)、UNWTO 賛助会員の大学生(予定)

【モデレーター】
UNWTO 賛助会員(予定)

●14:30~14:50 コーヒーブレイク

●14:50~16:40 パネルディスカッションⅡ
産業観光を観光資源とするための地域づくり、観光地づくり
・産業を新たな観光資源としている事例について着目し、主に観光を産業として活かしている事業者の取組を紹介しつつ、事例を共有する。

【スピーカー】

  • 中西 康宏 奈良県ビジターズビューロー専務理事
  • 坪井 泰博 JTB 取締役(訪日インバウンド担当)
  • 木本 昭宏 北九州産業観光センター会長
  • 台湾迪化街関係者

【コメンテーター】
ルース・マリー・ジャーマン (株)ジャーマン・インターナショナル CEO

【モデレーター】
田尾 大介 (株)ツーリズムデザイナーズ代表

●16:40~17:00 全体まとめ

受講料 参加無料
※申込締切:1月23日(水)
参照URL セミナーの詳細や申し込み方法につきましては、こちらをご確認ください。

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る