【2020年8月31日 オンラインセミナー】「ホテルの未来 ~『ウィズコロナの凌ぎ方』と『アフターコロナの復活シナリオ』」

【2020年8月31日 オンラインセミナー】「ホテルの未来 ~『ウィズコロナの凌ぎ方』と『アフターコロナの復活シナリオ』」

 

開催日
2020年8月31日
セミナー名
「ホテルの未来 ~『ウィズコロナの凌ぎ方』と『アフターコロナの復活シナリオ』」
主催者・団体
宿屋大学
会場名
オンライン
都道府県
オンライン
開催地住所
オンライン
対象者
ホテルの経営者・マネジャー・支配人・マーケッター、DMO、観光協会従事者
セミナー概要
第一部「ウィズコロナ時の凌ぎ方」
●出張需要のマーケットはどのくらい減少したのか
●レジャー需要のマーケットはどのくらい減少したのか
●倒産数、今後の倒産見込み、開業計画の中止
●倒産回避策(資金調達策、コスト節減策の具体例)
●売上の減少を、どう補っていくか
●新しいホテルの需要は生まれているのか、別の需要にはどんな方向性が考えられるか
・コンテンツ開発
・スペースの有効活用
・区切る時間を変えて考える
・付加価値の在り方
●低稼働でも利益が残る経営体質にする具体策
●ロングステイ獲得の方策は? ADRアップはどうすべきか?
●コロナ禍においても選ばれるための取り組み
●コロナ禍におけるスタンダードな朝食スタイルとは
●感染症対策は、お客さまがホテルを選ぶ際にどの程度大事なのか
●大手ホテルの2,500円プランなどは成功しているのだろうか
●いまは、単価重視か、それとも稼働重視で行くべきか
●宴会場の売り方
●事業撤退の、あるべき仕方第二部「お客様は、いつ戻る?」
●セグメント別の需要予測
●インバウンドはいつ戻るのか
●エリアごとの需要予測
●GOTOの効果はいかに第三部「アフターコロナのホテルの復活シナリオ」
●ウィズコロナのうちにやっておくべきこととはなにか
●アフターコロナの時代の社会やビジネスの在り方、ホテルを取り巻く環境はどうなるか
●出張宿泊は、オンライン会議にどの程度とって代わるのか
●新時代に合わせた宿泊主体型ホテルの価値創造のカタチとは
●シングルルームを減らし、レジャー需要にも対応していくべきか
●マンパワーを減らし、ICTやAIにシフトしていくべきか
開催時間
18:00~20:00
費用
5,000円
定員数
80名
詳細URL
http://www.yadoyadaigaku.com/program/JK2016.html
備考

(HOTELIER 編集部)


ホテル関連のオススメしたいサービス

電気代の節約サービスや非対面チェックインシステム、ホテルの運営代行サービスなどをご紹介しています。

ホテルの無人化を実現...

手間や労力を約1/3に軽減できるIoTサービス

「あんしんステイIoT」

詳細を見る

新時代のウイルス対策

コロナ対策で光触媒!
先着100名様限定!
¨ホテリエみた¨で5%off
「ウイルス侍」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。
ホテル・旅館の運営代行なら
「オックスコンサルティング」

詳細を見る


あなたにオススメ

記事をもっと見る