NEHOPS(ネホップス) 特徴・概要

NEHOPS(ネホップス)とは

NECが提供するクラウドタイプのホテルシステム。クラウド型の利用率では約7割を占める最大級のPMSだ。大型シティホテルから宿泊特化型ホテルまで、多様化するホテルの業態に柔軟に対応できるラインナップで、営業系システムから管理系システムまでトータルに取り揃えている。大規模なシティホテル、300を超える施設数の多い全国チェーンでの導入実績が豊富。

NEHOPSの概要

サイト名 NEHOPS
サイトURL http://jpn.nec.com/hotel/nehops/
提供会社 日本電気株式会社(NEC)
主な導入ホテル ビジネスホテル、シティホテル(チェーンホテルなど)
大規模の客室数のホテルがメイン
主な機能とオプション 統合顧客管理システム
お客様の基本情報、ホテルの利用履歴や応対履歴から食の好みやアレルギー情報などを一つに統合。どの部門からでも同じ情報を閲覧できるので、チェーン全体でお客様のタイプに沿ったサービスが提供できる。また、お客様の利用実績をR(最新利用日)、F(利用頻度)、M(利用金額)別に分析データも出すことが可能。
営業系システム
顧客サービス重視のシティホテルには、最先端のホテルマネジメントときめ細かな顧客サービスを実現。様々な販売コントロール機能を持ち、収益を最適化するマネジメント機能が充実している。
<主なシステム>
宿泊システム
婚礼・宴会システム
レストランシステム
レストラン予約システム
管理系システム
経営者や管理者の迅速な意思決定のため、ホテル全館または宿泊や料飲といった部門別の業績をリアルタイムで可視化。各売上計上部署毎・科目毎に売上データを集計し、昨日までは実績、本日以降はオンハンドから表示させ、当月末の売上予測が可能になる。
<主なシステム>
売上システム・ダッシュボード
売掛システム
購買システム
NEHOPSスマートデバイスオプション
基幹システムに蓄積されたデータを、スマートフォンやタブレットの機動性を活かしてホテル内・外を問わず広範囲で活用することを可能にする。他にも、IPネットワークによるシステム連携で、各ゲストルームの温度や照明などを集中制御や、客室タブレット、顔認証システムなども取り揃えている。
傾向 大規模なシティホテル、300を超える施設数の多い全国チェーンでの導入実績が豊富。クラウド型の利用率は7割を占める。

※2016年12月調査時点

NEHOPSの特徴

1.営業系システムから管理系システムまでトータルに対応

大型シティホテルから宿泊特化型ホテルまで、多様化するホテルの業態に柔軟に対応することができる。営業系システムから管理系システムまでトータルに用意。各システム間でスムーズにデータが連携され、ホテル全館、チェーン全体の業務効率化を実現する。

2.必要に応じた2つのラインナップを選べる!

宿泊システムはホテルの業態・特徴に応じて2つのラインナップから選択可能。顧客サービス重視の大型シティホテルには「ハイグレードタイプ」、効率重視の宿泊特化型ホテルには「スタンダードタイプ」を選択するなど、それぞれのホテルにコスト・機能共に最適なメニューを選ぶことができる。また、一つのホテルチェーンにシティホテルとビジネスホテルが混在する場合、それぞれの業態に適したサービスメニューを選択できるため、チェーンの統合管理や、チェーンでの業務の共通化、標準化を実現することが可能だ。

3.IT部門をもたないホテルでもシステム導入が可能

専用オペレーターがシステム運用を行うので、IT部門をもたないホテルでもシステムを簡単に導入することができる。また、短期間での導入ができ、月額利用料金制によりIT費用の経費化を実現。資産効率や経営効率の向上をはかれる。

詳細・お問い合わせ

サービス内容や料金の詳細についてより詳しく知りたい方は、下記からお問い合わせください。

NEHOPSのサイトを見る

(HOTELIER編集部)

その他のホテルシステム

その他のホテル運営支援サービス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る