OPERA Cloud Services(※旧micros opera) 特徴・概要

OPERA Cloud Services(オペラ)とは

日本オラクル社が提供する、クラウドタイプのホテルシステム。外資系ホテルではトップシェアを誇り、世界中の40,000以上の施設が導入している。また、世界のホテルグループ上位10社中8社がOPERA製品を使用。ゲストのパーソナライズに沿ったプロファイル機能をもち、優れたおもてなしの提供が可能だ。時期や周辺環境に合わせて宿泊レートを設定することができ、収益の最大化を図れる。

OPERA Cloud Servicesの概要

サイト名 OPERA Cloud Services(※旧micros opera)
サイトURL https://www.oracle.com/jp/industries/hospitality/products/opera-cloud-services.html
提供会社 日本オラクル株式会社
主な導入ホテル 外資系ホテル
主な機能とオプション ●宿泊システム
スタッフがフロントデスクを利用しなくてもネット環境さえあれば、施設内のどこからでもゲストのチェックイン/チェックアウト、客室の割り当て、ゲストへのサービス対応が可能です。また、宿泊レートと空室状況をリアルタイムで管理することで客室稼働率と平均客室単価を向上させることができます。
●ハウスキーピングシステム
ゲストがチェックアウトして客室が清掃できるようになると、ハウスキーピング用モバイルデザイスがすぐに更新され、即座に清掃に入れたり、入室可能な状態にすることが可能です。
●顧客データ管理
顧客データを安全に一元管理することができます。顧客の購買パターンを把握できるようになるため、ターゲットを絞ったパッケージやサービスを提供することができます。
●管理系システム

売掛金、買掛金、支払い管理などの機能で、財務プロセスの構築がはかれます。収益管理用の高度な宿泊レート管理機能により、マネージャーが平均客室単価の向上に取り組むことができます。
外資系ホテルにおいてトップシェアを誇り、世界でもっとも有名なPMS。

※2018年12月調査時点

OPERA Cloud Servicesの特徴

1.包括的なゲスト・プロファイル機能を使用できる

ゲストの好みや動向など、パーソナライズに沿ったプロファイル機能を使用することができます。そのため、ホテルスタッフが必要に応じて、ゲストに迅速にアクセスできるので、優れたおもてなしを提供することができます。例えば、外資系ホテルに多いロイヤリティ・プログラムの会員などの集客UPに繋がります。

2.宿泊レート管理により収益の最大化をはかれる

宿泊レート管理機能を備えており、時期や周辺環境に合わせた宿泊レートの設定が可能です。最適なレートを設定することで、宿泊者を取りこぼすことなく、収益の最大化をはかれます。また、ホテルを運営する上で、長期的な目標を設定することができるため、経営担当に便利な機能です。

3.スタッフの能力向上を望める

世界のホテルグループの上位10社中8社が、OPERA製品を使用しているため、新たなスタッフを採用する際も、アプリケーションに習熟している可能性が高いです。そのため、システムではなくサービスの質にトレーニング期間を集中させることができます。

詳細・お問い合わせ

サービス内容や料金の詳細についてより詳しく知りたい方は、下記からお問い合わせください。

OPERA Cloud Servicesのサイトを見る

(HOTELIER編集部)

その他のホテルシステム

その他のホテル運営支援サービス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る