【ミエルモ】カーポート、フェンス、タイルなども火災保険で!

ミエルモの火災保険に付帯されている「不測かつ突発的な事故」の適用事例について解説していきます。
この「不測かつ突発的な事故」は破損や汚損について補償を受けることができますが、この文面だけを見ても、一体どんな補償を受けられるのかわかりにくいと思います。
しかし、不測かつ突発的な事故は自然災害だけでなく、偶然壊してしまったり、いたずらなどで壊されたものなども補償される、非常に活用機会の多い特約になりますので、内容を理解しておくととても便利です。

ミエルモの詳細はこちら

不測かつ突発的な事故(破損・汚損など)の補償内容

保険会社によって、呼び方が変わりますが「不測かつ突発的な事故」または「破損・汚損」という名称が付いていることが一般的です。
保険証券には下記の様に記載がされています。

※保険会社によっては「破損・汚損」と明記されている場合もあります。
不測かつ突発的な事故という名前の通り、うっかり起こしてしまった偶然な事故によって建物や家財を傷つけてしまったり壊してしまった場合に補償を受けることができます。

破損、汚損の事例

火災保険の契約は、「建物」と「家財」に分けて契約してますので、契約内容によって補償を受けられる範囲が変わります。

建物

子供が物を投げて窓ガラスが割れてしまった
家具の配置換えをしている時に、壁に穴をあけてしまった
自転車をぶつけて外壁に傷が入った
外壁に落書きをされた
など

家財

掃除をしている時にパソコンを落として壊してしまった
ペットがテレビを落として壊してしまった
よろけて食器棚にぶつかり高級なお皿やグラスを割ってしまった
つまずいた拍子にカーテンを掴んで破いてしまった
など

これらは一部の例でしかありませんが、「建物」「家財」のあらゆる偶然な事故による損害で適用することができます。

具体的事例

タイル


玄関手前のタイルの破損したものになります。
なにかを硬い物をぶつけたことによる破損ではないかと思われます。

フェンス


フェンス全体の歪み、柱折れをしています。
全体的な損傷が激しい為、車がぶつけられた衝撃で壊されていると考えられます。

カーポート

カーポートの保険適応も可能です。
カーポートは風雨にさらされ経年を劣化し、自然災害や火事・火災によって破損するリスクが高いです。
屋根部分だけではなく、雪の重みや車が衝突しての曲がり、その機能を果たさない場合には、
本体すべての交換にかかる費用を火災保険でまかなうことができる可能性があります。

火災保険はミエルモ

火災保険の契約内容にもよりますが、「建物」「家財」の様々の箇所で広く補償してくれる便利な特約です。
火災保険は、基本的に災害がなければ使うことができませんが、この「不測かつ突発的な事故」(破損・汚損)は、不注意で壊してしまった、いたずらされた等で補償を受けることができます。

災害が発生していなくても申請をすることができることを、知識として持っておくことで、今後物が壊れた際などに活用できるかもしれません。

ミエルモの詳細はこちら


ホテル関連のオススメしたいサービス

電気代の節約サービスや非対面チェックインシステム、ホテルの運営代行サービスなどをご紹介しています。

新時代のウイルス対策

コロナ対策で光触媒!
先着100名様限定!
¨ホテリエみた¨で5%off
「ウイルス侍」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。
ホテル・旅館の運営代行なら「オックスコンサルティング」

詳細を見る


あなたにオススメ

記事をもっと見る