女子旅や家族旅行向けホステル『plat hostel keikyu asakusa karin』がオープン、京急グループのホステル事業第1弾

女子旅や家族旅行向けホステル『plat hostel keikyu asakusa karin』がオープン、京急グループのホステル事業第1弾

政府が掲げた観光立国の実現に向け、日本を訪れる外国人観光客は年々増加。2018年は訪日外国人数が過去最多の3,000万人を超えるなど、日本はまさにインバウンド景気バブルといえる。一方で、ホテルの客室数不足や宿泊費の高騰は懸念され、異業種からの宿泊事業参入などする企業が増えてきている。

今回HOTELIER編集部が訪れたのは、京浜急行電鉄株式会社が手がけるホステル『plat hostel keikyu asakusa karin(プラットホステル ケイキュウアサクサカリン)』。同社はこれまでビジネスホテル「京急EXイン」をはじめとするホテル事業を中心に事業を展開してきたが、インバウンドニーズの拡大に伴いホステル事業に進出するという。その第1弾として2019年3月22日(金)に開業するのが、『plat hostel keikyu asakusa karin』だ。

「plat hostel keikyu」ブランドは、「“platform”でつながるホステル」と「“ぷらっと”気軽に利用できるホステル」というコンセプトの下、女性や家族など、ホステル利用がはじめての方でも安心して宿泊できる施設づくりを目指している。そのひとつとして「plat hostel keikyu asakusa karin」では、自分へのプチごぼうびにと様々な美容家電を揃えた女性向けの特別室や、小さな子どもを連れての家庭旅行も安心できる個室ドミトリーなど、旅のスタイルに応じた客室を展開している。運営は京急グループの株式会社Rバンクが行う。

同ホステルは、都営浅草線「浅草駅」徒歩5分、「本所吾妻橋駅」徒歩7分に位置し、京急線「羽田空港国内線ターミナル駅」へもエアポート快特なら約30分でアクセスできるなど、交通利便性に優れた立地に誕生する。訪日外国人に人気の浅草寺や東京スカイツリーも徒歩圏内であり、東京の街を船上から見渡せる水上バス乗り場も近くにあるなど、豊かな観光資源を享受する恵まれた環境だ。

女性のプチ贅沢旅に最適な、美容家電の揃った「デラックスルーム」

建物は地上3階建ての新築で、1階にはフロントのほかにデラックスルームとダブルルーム、2階にはダブルルームと2段ベッドが2つ並ぶファミリールーム、3階にはダブルルームとファミリールームのほか、最大12名収容可能なドミトリーを用意している。限られたスペースにドミトリーで宿泊する従来のホステルとは異なり、個室を多く採用しプライベート空間を作っているのは、ターゲットを意識した設計と言えるだろう。

1階のデラックスルームには、室内にシャワールームやトイレがあるほか、冷蔵庫やティーセット、美容スチーマーといった美容家電も揃えられ、女性のプチ贅沢旅にもピッタリな宿泊空間だ。六角形のデザインが施されたオシャレな床は、ホステル名の由来にもなった高級無垢材である「カリン」を床材に使用。その他、和の雰囲気を感じられる日本のアンティーク家具も、客室のアクセントとなっている。

やさしい木材の香りに包まれる、最大12名収容可能の「ドミトリールーム」

ちなみに、デラックスルームを含む全ての客室ベッドの下には、スーツケースなどを収納できるよう30cmほどのスペースを用意している。限られた空間を最大限に有効活用できるのも、造作ベッドならではの強みだろう。また、各フロアの共有トイレやシャワールームの扉には、IoTを駆使したスマートホステル『&AND HOSTEL』を展開するand factory株式会社の技術が採用されている。

宿泊者が自由に利用できる屋上は、高い建物がなく、東京の空をたっぷりと堪能できる開放的なスペース。夜にはライトアップされた東京スカイツリーを眺められるほか、夏には隅田川の花火がみられる可能性があるなど期待が膨らむ。ゲスト同士の交流の場としてはもちろん、今後は地域と一緒にイベントなども開催する予定だという。

同ホステルの運営を行う、株式会社Rバンクのマネージャーであるクラウディア ラドガーナ氏に伺ったところ、ゲストの6割は海外の方を想定しているという。「東京観光の拠点として、海外はもちろん、日本の旅行者にも安心して利用してほしい」と語った。

東京スカイツリーはもちろん、浅草の街を一望できる屋上スペース

京急グループでは、今後も見込まれるホステル需要の拡大に備え、来年の春頃の羽田エリアを皮切りに京急線沿いを中心に同事業を拡大していく予定だという。電車・バス共に羽田空港のアクセスを担う同社の宿泊事業の拡大は、競争が激化する宿泊業界において今後も注目を集めるだろう。

(HOTELIER編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る