城崎温泉で導入されているデジタル外湯券「ゆめぱ」、革製オリジナルケース開発

兵庫県豊岡市にある城崎温泉では、2010年から宿泊客の外湯めぐりにデジタル外湯券「ゆめぱ」が導入され、料金の精算などがデジタル管理で一本化されている。
これまで「ゆめぱ」は各旅館がそれぞれ購入した市販のプラスチックケースなどに入れられ宿泊客に渡されていたが、今年1月、若手旅館経営者らでつくる「城崎温泉旅館経営研究会」がオリジナルケースの開発を企画。豊岡市のかばん製造・販売会社と提携して、端材を活用したケースづくりを行っている。

ケースは定期入れサイズで、赤や青、白など種類も豊富。屋号の焼印を入れている旅館もある。現在は16の旅館施設で計700個が試験的に利用されているが、今後は改良を加えながら将来的には全旅館での利用を目指し、お土産品としての販売も視野に入れているという。同研究会で新ケースを担当する女性は、「ファッション性も高く、浴衣姿にも似合う。首から提げ、より楽しく温泉街を歩いてもらえれば」と話しているという。

【参照】
湯めぐりおしゃれに 外湯券に新ケース 城崎温泉
【サービスサイト】
ゆめぱ

(HOTELS.Biz 編集部)


ホテル関連のオススメしたいサービス

電気代の節約サービスや非対面チェックインシステム、ホテルの運営代行サービスなどをご紹介しています。

ホテルの無人化を実現...

手間や労力を約1/3に軽減できるIoTサービス

「あんしんステイIoT」

詳細を見る

新時代のウイルス対策

コロナ対策で光触媒!
先着100名様限定!
¨ホテリエみた¨で5%off
「ウイルス侍」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。
ホテル・旅館の運営代行なら
「オックスコンサルティング」

詳細を見る


あなたにオススメ

記事をもっと見る