楽天トラベル、初のサイト全面刷新。パーソナライズ化とシンプルUIで宿泊施設とのベストマッチを

楽天トラベル、初のサイト全面刷新。パーソナライズ化とシンプルUIで宿泊施設とのベストマッチを

楽天株式会社は、2018年1月17日、全国10会場で順次開催する宿泊施設対象の「楽天トラベル新春カンファレンス2018」をスタートした。そこで発表されたのが、2001年のサービス開始以来初めてとなるサイトの全面刷新についてだ。

楽天株式会社ライフ&レジャーカンパニー ヴァイスプレジデント トラベル事業長の髙野 芳行氏は「今回のリニューアルは、楽天トラベルのビジョン “リーディングOTAとして、次世代の旅行プラットフォームを作る” 今年の最大のプロジェクトだ」と説明した。サイト設計の根本から全面刷新し、基盤のプラットフォームそのものを変更。リニューアル後のサイトは、従来のものとは全く印象が異なるほどに大きく変わるという。2018年5月に海外ホテル・海外航空券予約のリニューアルを開始し、9月をめどに国内宿泊施設などその他の予約コンテンツについて本格稼働する予定だ。

楽天グループのサイト利用履歴から、よりパーソナライズ化された宿を表示

開発担当のライフ&レジャーカンパニーCTOの星野 俊介氏は、強化する大きなポイントとしてまず、パーソナライズ化を挙げた。星野氏は「楽天グループとして多様なデータを持ち、どのOTAや旅行会社よりも旅行者を知っている。だからこそ、旅行者が本当に好みそうな宿泊施設を提示し、宿泊施設にとってはファンになってくれる旅行者に対して訴求する、ユーザーと宿泊施設に対して一番いいマッチングを提供できるサイトにする」とその狙いを説明した。

リニューアル後のサイトは、初訪問者にはすべて同じ画面が表示されるが、2回目以降は画面の上部にユーザーの閲覧履歴などに応じたおすすめの宿泊施設を提案するなど、ユーザーの嗜好にあわせて個別に表示を変更する予定だ。楽天グループの他のサービスの利用履歴も参考にするので、例えば楽天市場でペット用品を購入したユーザーが楽天トラベルで検索した場合、ペットフレンドリーな宿を上位に表示するなど、より精度の高いパーソナライズを実現できるという。

宿泊施設側の負担も軽減。よりシンプルで使いやすい画面へと変化

さらに、宿泊と交通を組み合わせたパッケージ割引や早期予約割引、ポイントアップキャンペーンなどの各種割引施策も、そのユーザーが受けられる割引を表示し、その場で選択しやすいようにする。

また、これからのグローバル展開やユーザー動向を踏まえて、「操作性をよりシンプルに変える」ことも説明した。例えば、宿泊予約では「ホテル・旅館の選択」の後に「部屋タイプの選択」→「オプション(食事やサービスなど)の選択」→「プロモーションの選択」→「予約」の順で予約が行なわれるようになることなどだ。

あわせて、宿泊施設にとっても、情報入力の負担を軽減し、誰もが簡単に自身の宿泊施設の魅力をアピールしやすい仕様に変更するという。

つまり、今回のリニューアルによって、ユーザーにとっては希望の宿泊施設をより少ない時間と手間で見つけやすく、宿泊施設にとっては宿の魅力をより簡単に打ち出せ、多様な魅力を知ってもらえるようになる。

民泊仲介サイト「楽天LIFULL STAY」の合法民泊物件も掲載

さらにリニューアルの本格稼働時には、楽天グループの民泊仲介会社である楽天LIFULL STAY株式会社が取り扱うの民泊物件の掲載も開始する。

取り扱う民泊物件は全て合法のものであり、6月15日の住宅宿泊事業法(民泊新法)施行後は、楽天トラベルを通じて今まで民泊に馴染みのない旅行者も宿泊先として選択の対象となるだろう。

髙野氏は「未来は我々だけではなく、宿泊施設の皆様と一緒に作るものだと本気で思っている。楽天トラベルとともに、進化していきましょう」と呼びかけた。

【参照】
楽天トラベルが初めてのサイト全面刷新、パーソナライズ化とシンプルUIで宿泊施設とのベストマッチングを実現へ

(HOTELIER編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で