JTB、Agodaと業務提携。AgodaサイトでJTB取り扱い宿泊施設予約可能に

株式会社ジェイティービー(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高橋広行氏、以下JTB)と、アジアの大手ホテル予約サイト「agoda.com」を運営するAgoda Services Co., Ltd (本社:シンガポール、最高経営責任者:ロバート・ローゼンスタイン、以下Agoda)が日本国内における地方創生の推進を目的とした宿泊販売の業務提携開始を発表した。

2017年1月より、JTBが取り扱う宿泊コンテンツをAgodaで予約できるようになる。合計4,500以上の取り扱いからスタート、今後は10,000以上の取り扱いを目標に拡大していく予定。

訪日外国人旅行者は2015年に約1,974万人と過去最高を記録、日本政府は2020年に4,000万人の到達という新たな目標を掲げている。高まる訪日需要を背景に、Agodaが有するアジアパシフィックマーケットにおける高いマーケティング力、使いやすい検索機能と、JTBが有するコンサルティング力や豊富な宿泊コンテンツをかけあわせ地方創生の推進に貢献する狙いという。

【参照】
JTBとAgoda Services Co., Ltd.が業務提携 地方創生の推進を目的とした、訪日外国人旅行者向け宿泊販売で連携

(HOTELS.Biz 編集部)


ホテル関連のオススメしたいサービス

電気代の節約サービスや非対面チェックインシステム、ホテルの運営代行サービスなどをご紹介しています。

ホテルの無人化を実現...

手間や労力を約1/3に軽減できるIoTサービス

「あんしんステイIoT」

詳細を見る

新時代のウイルス対策

コロナ対策で光触媒!
先着100名様限定!
¨ホテリエみた¨で5%off
「ウイルス侍」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。
ホテル・旅館の運営代行なら
「オックスコンサルティング」

詳細を見る


あなたにオススメ

記事をもっと見る