ホテルや旅館のフロント、温泉等の混雑状況を把握、管理。IoTシステム実証実験開始

ホテルや旅館のフロント、温泉等の混雑状況を把握、管理。IoTシステム実証実験開始

株式会社バカン(本社:東京都港区、代表者:河野剛進氏)は、オリックス不動産株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:松本哲男氏)と共同でホテルや温泉旅館のフロントや共用部トイレ、温泉、エステ、バイキングレストランなどの空席、混雑状況を把握・管理するIoTシステム「ORIVA(オリバ)」の実証実験を開始したことを発表した。オリックス不動産が保有する宇奈月杉乃井ホテル(富山県宇奈月温泉)と御宿東鳳(福島県会津東山温泉)において、11月21日より一般利用者に対してサービスを提供し、実証実験を行っている。

同システムは、現在10社以上に採用されているバカン社のトイレ空席管理システム「Throne」を拡張したもの。「Throne」は人感、開閉センサーなどを各個室に設置することで、トイレの空き状況をリアルタイムでスマートフォンなどのブラウザーから確認でき、後付けで設置可能。これに対し、ORIVAではホテルや温泉旅館のあらゆる空席情報を収集するため、場所に応じたシステムを構築している。従業員の目視による空席状況の判定、入力にも対応するほか、カメラとAIを組み合わせたシステムなども開発予定とのことだ。

【参照】
・トイレIoTを温泉やバイキングにも拡張、ホテル・旅館内のあらゆる空席情報を把握できるシステム「ORIVA」の実証実験開始
・~フロントから温泉まで~ホテルや旅館における、ありとあらゆる空席情報を提供!

(HOTELS.Biz 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る