磐梯熱海温泉・ホテル華の湯、400人規模のホール増設。コンベンション機能充実へ

磐梯熱海温泉・ホテル華の湯、400人規模のホール増設。コンベンション機能充実へ

福島県郡山市にある磐梯熱海温泉のホテル華の湯(社長:菅野豊氏)は、約400人を収容する大型会議施設のコンベンションホールを増設しコンベンション機能を充実させる方針を明らかにした。

既存のホールがある同社では、年間宿泊客の約3割が会議出席者。今後セミナーなどの需要が高まると見通し、増設を決めた。平日の会議室誘致で稼働率アップを目指すという。

新ホールは既存のホールと同規模で760平方メートル。5月の大型連休明けに着工し、来年7月に完成予定。また、会議と食事に利用している1階ホールをレストランとして食事専門のホールとする。調理場の衛生向上を含め、営業を継続しながら整備を進める方針だ。

菅野社長は、「時代の変化に応じて新しい顧客を開拓する『創客』に力を入れ、魅力あるコンベンション施設にしていきたい」と話しているという。

先日、観光庁による「観光産業革新検討会」の第1回会合が開催され、宿泊産業の再生活性化についてが今後の議題となった。今回の磐梯熱海温泉のホテル華の湯の施策は、旅行客向けの宿泊目的ではなくビジネス向けにしたものなので、セミナー開催日には同時に平日の宿泊も見込める。稼働率アップに繋がれば他の宿泊施設へも影響を及ぼすだろう。

【参照】
・400人規模のホール増設方針 磐梯熱海温泉・ホテル華の湯
・「観光産業革新検討会」が初会合、旅館・温泉街など活性化へ

(HOTELS.Biz 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る