宿泊予約の権利売買サービス『Cansell(キャンセル)』プレビュー版を公開




宿泊予約の権利売買サービス『Cansell(キャンセル)』プレビュー版を公開

Cansell株式会社は、キャンセル料がかかるホテル予約の権利を、他の人に販売できるWebサービス『Cansell』のプレビュー版を公開した。急な予定などで宿泊予約をキャンセルする場合、本来ならキャンセル料が発生してしまうが、「Cansell」は、そのホテルに泊まりたい人に販売・譲渡できるような仕組みを提供。

出品内容に間違いがないかなど、スタッフがすべての予約の実在確認と審査を行い、転売目的の出品を防ぐため、購入価格より高い値段で売れないように制限している。また、出品後は売れるのを待つだけで、売れた後も名義変更の手続きなどはスタッフがすべて対応してくれる仕組みだ。出品は無料だが、手数料は売買の成約時のみ発生する。売れなかった場合は費用はかからない。

現在は日本国内の宿泊施設、事前決済の予約に限定しているが、海外の宿泊施設や現地支払の予約、訪日外国人旅行者にも利用いただけるように、サービスの改善・機能拡張、エリアの拡大・多言語化などにも取り組んでいく。

※キャンペーン期間中は全ての手数料が無料
10月31日(月)までに出品された予約を対象に、手数料無料キャンペーンを実施いたします。
出品手数料はもちろんのこと、売買成約時に掛かる手数料も無料でご利用いただくことができます。
※キャンペーン期間は変更になる場合もございます。

【参照記事】
宿泊予約の権利売買サービス『Cansell(キャンセル)』プレビュー版を公開

画像:PR TIMES
(HOTELIER編集部)


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で