コロナ禍に対抗!熊本の老舗宿泊業「阿蘇プラザホテル」が MAツール「SATORI」導入でマーケティング実践企業へ変貌

マーケティングオートメーション(以下、MA)ツール「SATORI」を提供するSATORI株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:植山 浩介)は、阿蘇プラザホテルの「SATORI」導入事例ならびにパートナーである株式会社キャップドゥの運用事例を公開した。

■「SATORI」導入効果

これまで予約対応を行っていたスタッフがWebマーケティングを戦略面から行うMA担当チームへと変化。宿泊業界が苦境の中、サイト設計の見直しと並行し、導入1か月半で自社サイトに設置する「新型コロナ感染症拡大防止対策」などの重要情報のポップアップを内製化。「SATORI」を活用することで新規顧客の情報取得やメールマーケティング、開催を控える60周年キャンペーン運営など多くのマーケティングアイディアが実現可能な組織体制が構築された。

■「SATORI」導入目的

・新規顧客とのWebコミュニケーション強化により自社サイト内での直接予約の導線を構築する
・従来の紙媒体でのアプローチに加えメールマーケティング施策で既存顧客のLTVを高める

■「SATORI」活用イメージ

・ポップアップ表示による重要トピックのサイト内告知と直接予約への誘導強化
・予約完了後のメールマーケティングによるキャンセル防止・顧客ロイヤルティの向上
・フォーム制作やウェブページ機能によるFacebook広告の効率的な運用

■「阿蘇プラザホテル」ご担当者さまのコメント

「阿蘇プラザホテルは、1961年の創業以来、阿蘇山の絶景と内牧温泉を楽しめる自然豊かな地で営業してきた。近年の宿泊業界は旅行代理店だけでなく宿泊ポータルサイト(OTA)の活用が進んでいるが、個人のお客様がWeb検索によって公式サイトから予約する例も多く、関心を寄せているお客様へ直接情報を届ける方法を模索していた。『SATORI』導入から1カ月半経ったが、それまでマーケティングに携わることのなかった予約対応チームがさまざまなアイデアを生み出し、集客戦略を実践。このわずかな期間でチーム内に新しい風が吹いてきていると実感しています。」―阿蘇プラザホテル 代表取締役社長 稲吉 淳一 氏

■「SATORI」事例記事

https://satori.marketing/usecase/asoplaza/

■企業各社について

会社名:阿蘇プラザホテル(有限会社望蘇閣)
所在地:〒869-2301熊本県阿蘇市内牧温泉1287
代表者:代表取締役社長 稲吉 淳一
事業内容:宿泊業・宴会場・ホール
URL :https://asoplaza.co.jp/

会社名:株式会社キャップドゥ
所在地:〒861-2101 熊本県熊本市東区桜木4丁目1-48 小楠ビル102
代表者:代表取締役社長 森田 晃輝
事業内容:クラウドツールの導入コンサルティング/各種ツール運用支援/IT導入補助金の申請代行
URL : https://capdo-jp.com/

会社名:SATORI株式会社
所在地:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町23-21 渋谷区文化総合センター大和田 11F
代表者:代表取締役 植山 浩介
設立年:2015年9月
資本金:15億1311万円(払込済資本)
事業内容:マーケティングオートメーションツールの開発・販売
URL :https://satori.marketing/

SATORI株式会社は、今後も導入事例の公開を行っていき、またSATORIパートナー様各社との連携を促進し、全国でのマーケティングオートメーションツール「SATORI」の提供を進めていくと語っている。

「HOTELIER 編集部」


ホテル関連のオススメしたいサービス

電気代の節約サービスや非対面チェックインシステム、ホテルの運営代行サービスなどをご紹介しています。

ホテルの無人化を実現...

手間や労力を約1/3に軽減できるIoTサービス

「あんしんステイIoT」

詳細を見る

新時代のウイルス対策

コロナ対策で光触媒!
先着100名様限定!
¨ホテリエみた¨で5%off
「ウイルス侍」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。
ホテル・旅館の運営代行なら
「オックスコンサルティング」

詳細を見る


あなたにオススメ

記事をもっと見る