【新型コロナウイルス感染拡大へ対応】AI清掃ロボット・非対面のセルフチェックインなどの自動化技術を導入へ

【新型コロナウイルス感染拡大へ対応】AI清掃ロボット・非対面のセルフチェックインなどの自動化技術を導入へ

新型コロナウイルスの感染が拡大し第二波が日本各地を騒がせている中、ホテル業界でも新たな変革が起きている。

京王グループの株式会社京王プレリアホテル札幌では、2020年8月13日、自動化による感染症予防サービス向上の実現すべく、「AI清掃ロボット」と「非対面のセルフチェックイン」を開始することを発表し、「AI清掃ロボット」は8月1日より稼働しており、「非対面のセルフチェックイン」は8月18日より稼働している。

・AI掃除ロボット「Whiz(ウィズ)」

「AI清掃ロボット」では、使用機器としてソフトバンクロボティクス製AI清掃ロボット「Whiz(ウィズ)」を利用する。

「Whiz(ウィズ)」はボタン1つで各階の清掃が可能で、高い品質で均一な全面清掃により隅々まで清掃し、床面に残存しているホコリに付着している細菌やウイルスも除去する。床を清潔に保つことで室内空間も正常に保つことを可能にしている。

・非対面セルフチェックイン端末「スマーレ」

「非対面のセルフチェックイン」ではオムロン ソーシアルソリューションズ製セルフチェックイン端末「スマーレ」を利用する。

「スマーレ」では事前精算した宿泊客限定でセルフチェックインを実施する。約5分かかっていた対面のチェックインが、約1分以内に短縮する。また、5か国語(日本語・英語・韓国語・中国語簡体・中国語繁体)での対応が可能で、訪日外国人の方でもスムーズにチェックインできるよう、パスポートリーダを搭載している。

京王プレリアホテル札幌では、新型コロナウイルスへの感染対策に関する意識が高まる中、自動化技術の導入以外にもお客様とホテルスタッフの健康と安全を考慮し、館内の消毒の徹底や消毒液・アルコールウェットティシューの設置、ソーシャルディスタンスの確保など感染予防・感染拡大防止策を講じている。

同ホテルの様にこれからのホテル業界では従来のサービスに加え、「衛生対策」も宿泊客に選ばれる大きな要素となっていくだろう。「衛生対策」があまりできていないと感じている宿泊施設はこれを機に考えてみてはいかがだろうか。

 

【参照記事】ホテル業界にも自動化技術を導入へ
【参照記事】京王プレリアホテル札幌、自動化推進中! ~自動化による感染症予防とサービス向上の実現~
【参照サイト】SoftBank Robotics
【参照サイト】オムロン ソーシアルソリューションズ株式会社

 

(HOTELIER 編集部)


ホテル関連のオススメしたいサービス

電気代の節約サービスや非対面チェックインシステム、ホテルの運営代行サービスなどをご紹介しています。

ホテルの無人化を実現...

手間や労力を約1/3に軽減できるIoTサービス

「あんしんステイIoT」

詳細を見る

新時代のウイルス対策

コロナ対策で光触媒!
先着100名様限定!
¨ホテリエみた¨で5%off
「ウイルス侍」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。
ホテル・旅館の運営代行なら
「オックスコンサルティング」

詳細を見る


あなたにオススメ

記事をもっと見る