コロナウイルスの拡散を防ぐ、抗ウイルスのホテルベッドが発売予定!

Covid-19が大流行している中、旅行者がホテルにチェックインする際に懸念されるのは、表面やタッチポイントが清掃・消毒されているかどうかということである。

ほとんどのホテルでは、ウイルスが付着している可能性のある布地の付属品の除去など、清掃対策を強化している。
しかし、マットレスについては、これまで一般的には手付かずであった。

そこで宿泊業界向けの大手マットレスサプライヤーSerta Simmons Bedding社は、繊維技術革新の牽引者であるHeiQ Groupとの提携により、米国市場初の抗ウイルスマットレスを開発したと発表したのだ。

“私たちは、宿泊業界やヘルスケア業界のパートナーが、清潔な環境を提供し、ゲストを安心させるためにできる限りのことをしていることを知っています。抗ウイルス・抗菌マットレスは、その努力の中で大きな財産となるでしょう。”と、Serta Simmons Beddingの会長兼CEOであるデビッド・スウィフトは語る。

これに使用される技術であるHeiQ ViroBlock™は、欧州医療機器指令により、医療用個人用保護具への抗ウイルス剤の使用が承認されており、ドイツ環境保護庁により抗ウイルス剤として登録されている

また、この技術は最近、メルボルン大学とロイヤルメルボルン病院のジョイントベンチャーであるピーター・ドハーティ研究所によって、SARS-CoV-2に対して30分間で99.99%の効果があることも立証された。

米国食品医薬品局と環境保護庁による販売承認待ちで、同社は「Serta」と「Beautyrest HeiQ ViroBlock」の2つのラインを展開する見通しだ。

米国とカリブ海地域でアロフトやハイアットプレイスなどのホテルを運営するエイムブリッジ・ホスピタリティ社は、すでに関心を示しており、世界的な企業も注目をよせているが、議論の時期尚早であることを考慮して、名前を伏せている。

ウイルス粒子を引き付けるマイクロシルバー技術と、ウイルス膜を分解する小胞技術を組み合わせたものが、磁石のように作用して粒子を引き付け、ウイルスが不活性化されるまで粒子を結合させて分解するというメカニズムだ。

経年変化のテストでは、HeiQ Viroblockを注入した生地は、3年間は抗ウイルス性を、20年間は抗菌性を保持していると結論づけられている。

 

【参照記事】コロナウイルスの拡散を防ぐ、抗ウイルスのホテルベッドが発売予定!

 

「HOTELIER編集部」


ホテル関連のオススメしたいサービス

電気代の節約サービスや非対面チェックインシステム、ホテルの運営代行サービスなどをご紹介しています。

ホテルの無人化を実現...

手間や労力を約1/3に軽減できるIoTサービス

「あんしんステイIoT」

詳細を見る

新時代のウイルス対策

コロナ対策で光触媒!
先着100名様限定!
¨ホテリエみた¨で5%off
「ウイルス侍」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。
ホテル・旅館の運営代行なら
「オックスコンサルティング」

詳細を見る


あなたにオススメ

記事をもっと見る