プレイライフ、“施設情報+αの宿泊体験の魅力”を発信し集客力を強化する「コトプロ for ホテル」を正式リリース

プレイライフ、“施設情報+αの宿泊体験の魅力”を発信し集客力を強化する「コトプロ for ホテル」を正式リリース

プレイライフ株式会社は2020年02月13日、ホテルや旅館などの宿泊施設と周辺の観光施設の情報を併せた「宿泊体験(=コト)」を旅のコーディネートプランとして紹介することで魅力を伝え、宿泊施設の集客力を強化するサービス『コトプロ for ホテル』の正式版をリリースした。

同社は日本最大級のアソビの実体験投稿メディア『PLAYLIFE』を手掛けている。同メディアは月間400万人以上が利用しており、ユーザーが実際に体験し、楽しかった体験を遊びのノウハウとしてプラン化することで、遊びの情報を検索・共有・投稿することができる。「この世から孤独を無くす」というミッションのもと、アソビで世の中のヒトと社会の課題を解決していくという。このほか、遊びのサブスクリプションサービス『遊部(アソブ)』、『コトプロ for ホテル』の企画・開発・運営、企業向けプロモーション事業や観光プロモーション支援事業などを手掛けている。

同社は「選ばれるホテルに必要なのは、宿泊施設情報+αの宿泊体験の魅力」と述べている。オリンピックを迎える今年、訪日外国人による宿泊施設のインバウンド需要が拡大し、全国各地でホテルの開業が相次いでおり、今まさにホテル乱立時代となっている。たくさんの宿泊施設ができている中で選ばれるホテルになるためには、『楽天トラベル』や『じゃらんnet』などの大手宿泊予約サイトを中心とする、施設や食事プランのみの「ハード面」を中心としたPRだけでは、旅行者にそのホテルに泊まることで得られる宿泊体験の魅力が伝わらないのではないかと同社は考えている。

そこで『コトプロ for ホテル』では、様々な地域の遊びの実体験プランを21,000本以上発信してきた『PLAYLIFE』がプランづくりで得たコンテンツ作成のノウハウを活用し、“宿泊施設+その周辺情報まで盛り込んだ魅力的な宿泊体験プラン”を作成する。『コトプロ for ホテル』を通じて、宿の運営側にとっても旅行者にとっても役立つ体験プラン作りで、ホテル業界の集客課題を解決していく。同サービスには以下の3つの特徴がある。

  1. 「宿泊体験」の取材のプロが魅力的なプランづくりをサポート:『PLAYLIFE』のお出かけ情報メディアで活躍している250名以上の遊び体験のプロたちが、ホテルの強みを分析。さらにモデルを入れた撮影・取材を経て宿泊者に伝わるホテルの魅力を作成する。
  2. 求める人に「体験」を届けるWebプロモーション支援:宿泊体験プランは月間400万人が使う『PLAYLIFE』へ掲載する。その他、FacebookやInstagramなどのSNS広告、リスティング広告など、課題ごとに最適な広告で狙いたいユーザーを集客していく。
  3. 予約申し込み手数料が無料で、直接自社予約フォームに集客誘導:予約ごとの手数料はかからず、コトプロの宿泊体験記事を見たユーザーをそのまま自社の公式サイトや予約システムに誘導設定することができる。効果事例として、月間約700名以上の送客効果が出ている施設がある。

これら特徴のとおり、同サービスではOTAだけではできない宿の魅力の差別化や、独自のプロモーションを行う事が可能だ。取材・初期費用などは無料で、月額6万円から利用できる。宿泊施設内での体験コンテンツをしっかり取材記事し写真で紹介する。また、記事を見てすぐに予約したいと思ったユーザーに対して、直接ホテル予約画面に飛べるリンクボタンも記載している。

この度の正式リリース発表の際、同サービスを活用したホテルとして「BREATH HOTEL」「ロイヤルホテル八ヶ岳」の2軒を紹介している。「BREATH HOTEL」は、“記念日は「気張らないお泊り」が今どき、冬の穏やかな江ノ島で癒やしと絶景を”と題し、カップルにおすすめの少し贅沢な過ごし方を紹介している。同ホテルは江の島から徒歩10分の、湘南海岸公園の目の前に位置する。紹介記事では、最上階にあり江の島や鵠沼海岸を一望できるのオーシャンプレミアムスイートのことや、ホテルからすぐの一軒家レストランでの記念日ディナー、レイトチェックアウトで朝ゆっくり過ごせることなどを紹介している。

「ロイヤルホテル八ヶ岳」は、“ウェルカムベビーのお宿・ロイヤルホテル八ヶ岳、初めてのお泊まりはここで決まり!”と題し、子供連れのファミリーにおすすめのポイントを紹介している。同ホテルは自然豊かな山梨県・八ヶ岳にあり、新宿からは高速バスで約2時間でアクセスできる。授乳スペースやキッズスペースを設けているほか、売店にはおむつやおしりふきシートを販売するなど、小さな子供連れでも安心して宿泊できるホテルだ。紹介記事では、家具や段差の角が全てカバーされていたり、哺乳瓶の除菌器具や電子レンジなどを用意している「ウェルカムベビーの部屋」のこと、大人も子供も食事を楽しめるバイキングのことや、露天風呂などについて紹介している。

『コトプロ for ホテル』ではこの2軒のようにホテルでの過ごし方を具体的に紹介でき、ターゲットに向けて存分に魅力を伝えることができる。ホテル公式ページへの送客に加え、検索にも強くなり上位にランクインするという。「宿泊施設情報+αの宿泊体験の魅力」の発信を行う同サービスが、さまざまなホテルで活用され集客に寄与することを期待したい。

■「コトプロ for ホテル」公式サイトはこちら

【参照記事】
ホテル選びはハードからコトへ、ターゲットに合った宿泊体験の発信でホテルの集客力をUPさせる「コトプロ for ホテル」をリリース
【参照サイト】
・プレイライフ株式会社
・PLAYLIFE|記念日は「気張らないお泊り」が今どき、冬の穏やかな江ノ島で癒やしと絶景を
・PLAYLIFE|ウェルカムベビーのお宿・ロイヤルホテル八ヶ岳 初めてのお泊まりはここで決まり!

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る