74言語に対応するAI通訳機「POCKETALK W」がエアトリステイのAirbnbホスト向けサービスに採用

74言語に対応するAI通訳機「POCKETALK W」がエアトリステイのAirbnbホスト向けサービスに採用

ソースネクスト株式会社は2019年11月6日、同社のAI通訳機「POCKETALK(ポケトーク) W」が、民泊運営のサポートを行なう株式会社エアトリステイで、Airbnbの宿泊施設提供者(以下:ホスト)向けサービスとして採用されたことを発表した。

「POCKETALK W」は、世界74言語※に対応した手のひらサイズのAI通訳機だ。ボタンを押しながら話しかけるだけで通訳がいるかのように対話ができ、2.4インチの大きい画面にタッチパネルを採用している。2019年5月14日時点で世界128の国と地域で使える4G対応のグローバル通信機能を内蔵しているため(グローバル通信(2年)付きの場合)、面倒な設定は不要ですぐに使用できる。言語数はインド英語やオーストラリア英語などのアクセントにも対応し74言語※利用できる(※50言語では音声とテキストに、24言語ではテキストに翻訳)。

観光庁が発表した2019年6月-7月分「住宅宿泊事業の宿泊実績」によると、宿泊者の国籍別内訳では、日本国内に住所を有する者が80,948人(23.1%)であるのに対し、海外からの宿泊者が269,249人(76.9%)と多くを占めている。そして、海外からの宿泊者の国籍内訳をみると、1位中国、2位韓国、3位アメリカと続き、利用者の国籍が多岐に渡ることが分かる。訪日外国人が増加する中、民泊を運営するホストは、今後ますます多言語での対応が求められることが予想される。

エアトリステイは、世界最大級の旅行コミュニティプラットフォームであるAirbnb Japan株式会社の業務提携企業だ。住宅宿泊事業の物件運用を行う不動産オーナーや企業に対して、コンソーシアム型の代行サービス(ワンストップサービス)を提供している。この度『POCKETALK』がAirbnbのホストに提供され、イベント民泊をはじめとして増加する外国人宿泊者とのコミュニケーションツールとして使われる。また、駆けつけサービスのスタッフが携行し、トラブルや問い合わせの対応にも利用されるなど、今後様々なシーンで活用していく。

ソースネクストによると、2017年12月より販売している『POCKETALK』シリーズの累計出荷台数(初代および最新の「POCKETALK W」を含む、サンプル等除く)が、2019年7月23日時点で50万台を突破したという。『POCKETALK』シリーズの累計出荷台数を2020年末までに100万台とする目標を掲げており、今後も日本のみならず世界中に販路を拡大していく考えだ。同社は「『言葉の壁をなくす』というミッションの実現を目指し、今後も多くの企業様を通じて、本製品の提供を広げて参ります」と述べている。

観光庁が2018年11月~2019年2月に行った「訪日外国人旅行者の受入環境整備に関するアンケート」の結果、訪日外国人旅行者が旅行中に困ったこで最も多かったのは「施設等のスタッフとのコミュニケーションがとれない」(20.6%)だった。2016年度(32.9%)と2017年度(26.1%)でも、最も多く挙げられた回答である。困った場面で多かったのは観光地(58.1%)、公共交通機関(47.5%)、そして宿泊施設(26.7%)が挙げられた。

言葉の壁は大きいと言えるが、次のような調査結果も出ている。観光庁が全国約50地域・約500施設を対象に、2018年8月~2019年2月に行った多言語音声翻訳システムによる検証の結果、全体の約9割超の訪日外国人旅行者がコミュニケーションが成立すると回答した。また、全体の約8割超の施設は、訪日外国人旅行者への対応がしやすくなったと回答した。多言語対応できるスタッフの確保が難しい施設も、翻訳機を導入することで円滑なコミュニケーションを取れるだろう。

『POCKETALK』は交通機関、Wi-Fiレンタル、旅行、宿泊施設など、さまざまな業種の500社以上に導入されている。音声翻訳機シェアで23ヶ月連続で1位を獲得するなど高い支持を得る『POCKETALK』が、ホストとゲストを繋げ、より良い宿泊体験に寄与することを期待したい。

■「POCKETALK」公式サイトはこちら

【参照記事】
・AI通訳機「POCKETALK®(ポケトーク)」が民泊運営のサポートを行なうエアトリステイで採用
・民泊運営のサポートを行なうエアトリステイがAI通訳機「POCKETALK®(ポケトーク)」を提供サービスのひとつとして採用
【参照サイト】
・観光庁|訪日外国人が旅行中に困ったこと、受入環境整備の課題が明らかになりました ~受入環境について訪日外国人旅行者にアンケート調査を実施~
・多言語コミュニケーションの課題に対する全国的な効果検証事業を初めて実施~多言語音声翻訳システムが訪日外国人旅行者のおもてなしに役立ちます!~

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る