「AirHost PMS」と「KEY STATION」がAPI連携開始、部屋割り・宿泊者情報などを自動連携可能に

「AirHost PMS」と「KEY STATION」がAPI連携開始、部屋割り・宿泊者情報などを自動連携可能に

株式会社エアホストが提供するクラウドサービス『AirHost PMS』と、Keeyls株式会社が提供する24時間リモート鍵受け渡しシステム『KEY STATION』が、2019年10月10日よりAPI連携を開始した。

Keeylsは、貸したい・提供したい人と利用したい人の時間的・物理的な乖離を、ITとIoTの技術を利用して解決するシステムを提供している。『KEY STATION』は、本人確認システム『KS check in(ケーエス チェックイン)』と、鍵の受け渡し用のキーボックスがセットになったシステムだ。『KS check in』は、「Checkin code(予約番号)発行機能」「宿泊者情報の収集」「宿泊者台帳作成・ダウンロード機能」などを持つ。フロント業務をすべて自動化し、24時間無人で宿泊者名簿作成・本人確認・鍵の受け渡しまでワンストップで行うことが可能だ。

『KEY STATION』は都内ファミリーマートを中心に展開しており、住宅宿泊事業法(民泊新法)・旅館業法に対応したホテル・民泊運営のフロント業務のソリューションとして活用可能である。このほか、貸し会議室・スペースの鍵受け渡し、家事代行、カーシェアの鍵受け渡しサービスとしても利用可能だ。

今回のAPI連携により『AirHost PMS』と『KEY STATION』間で、部屋割り・宿泊者情報・チェックイン状態を自動連携することが可能になった。『AirHost Check-in』の「事前チェックイン機能」を合わせて利用することで、宿泊者情報の入力を事前にPCや自分の携帯などから入力できるWebページをゲストに自動で通知できる。事前に入力した内容は『KEY STATION』画面に自動で反映されるので、当日現地では本人確認だけで鍵の受け取り・チェックインをスムーズに行うことが可能だ。

本人確認は、パスポート画像を含む宿泊者情報を取得した後にコールセンターに電話がつながりリアルタイムで行われる。取得した宿泊者情報はCSVでダウンロードでき、そのまま宿泊者台帳として保存・管理できるという。『KEY STATION』の本人確認は24時間対応のコールセンターを完備しているため、安心安全に無人オペレーションを実現できる。

加えて自動メッセージ、自動部屋割り機能、自動決済機能など、『AirHost PMS』のすべての機能に連動しているので、施設の運営方法に合わせたチェックインの案内、鍵の管理・受け渡しを自動化することができる。今回の連携で新たなチェックインデバイスおよびキーデバイスが追加されたことで、施設のニーズに合わせたフロント業務のスマート化の選択肢が広がった。

エアホストは「今後も宿泊施設向けに日々の作業自動化・効率的な運営を支援するシステムを提供することで、ホテル・民泊運営のコストカット及びゲスト様の満足度の向上に貢献してまいります」と述べている。

『AirHost PMS』はこれまでも、鍵の受け渡しをスムーズに行えるよう各社のサービスと連携してきた。2018年4月には株式会社構造計画研究所が提供する『RemoteLOCK』、2019年7月にはブロックチェーンロック株式会社が提供する『KEYVOX』とAPI連携した。今後も多様なスマートロックと連携し、宿泊施設の利便性向上と選択肢拡大に寄与していくことを期待したい。

Keeylsは2019年5月、都内中心に不動産開発・投資を行う株式会社バンブーフィールドと共に、『KEY STATION』を導入し新宿区初の無人フロントを採用した「HOTEL BAMPKY」(全13室)を開業した。長期滞在向けに設置したミニキッチンやランドリー、屋上のルーフトップテラスなど、シティホテルでもビジネスホテルでもない新たなゲストエクスペリエンスを提供するホテルだ。また『KEY STATION』は2019年9月末時点で設置拠点を200拠点に拡大しており、今後もさらに拠点を拡大させていく考えである。同社の今後の事業展開にも注目していきたい。

■「AirHost PMS」公式サイトはこちら
■「KEY STATION」公式サイトはこちら

【参照記事】
・AirHost PMS、24時間リモート鍵受け渡しシステム『KEY STATION』とAPI連携を開始
・24時間本人確認・鍵受け渡しシステム「KEY STATION」、AirHost PMSとAPI連携開始。ゲスト情報の連携で本人確認から鍵の受け渡しまでがワンストップでのサービスが実現。
・民泊・ホテルのフロント業務すべての無人化が実現。本人確認から鍵の受け渡しまですべてがワンストップに行われる法令対応のセルフチェックインサービス「KS checkin(ケーエスチェックイン)」提供開始。
・新宿区初!無人フロントのホテル「HOTEL BAMPKY」がオープン
・無人の鍵受渡し・本人確認システム「KEY STATION」200拠点に拡大

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る