「AirHost Booking Engine」リリース、自社サイトでの販売を支援しリピーター獲得に貢献

「AirHost Booking Engine」リリース、自社サイトでの販売を支援しリピーター獲得に貢献

クラウドサービス『AirHost PMS』を提供する株式会社エアホストが、ホテル・民泊の自社WEBサイト販売を可能にするブッキングエンジンシステム『AirHost Booking Engine(エアホストブッキングエンジン)』を2019年9月10日より正式に提供開始した。

同社の主なサービスとして、宿泊施設向け管理ツール『AirHost PMS』、チェックインアプリ『AirHost チェックインソリューション』、民泊運用代行サービスがある。『AirHost PMS』は2019年9月時点で約12,000部屋への導入実績があるという。

この度の『AirHost Booking Engine』提供の背景には、リピーター獲得と自社サイトでの販売の重要性がある。2018年の訪日外国人消費動向調査によると、訪日外国人客数は過去最高の3,000万人以上を記録すると同時に半数以上がリピーターだった。市場の競争激化で単価をあげるのも難しくなる中、宿泊施設運営における業務効率化・省人化はもちろん、今後リピーターを獲得する仕組みは必要不可欠である。

また近年、Google検索での宿泊施設における価格推移を可視化する『Price Insight(プライスインサイト)』の機能拡充や、コンセプトホテル・異業種からの新規出店拡大などで需要が伸びるSNSからの直接予約など、ゲストの予約経路が多様化していることから自社サイトでの販売が非常に重要視されてきている。

そこで同社は、手数料ゼロの自社WEBサイトを簡単に公開でき、リピーターの集客を最大限に支援する『AirHost Booking Engine』をリリースした。『AirHost PMS』と併せて利用することで、OTA経由の予約と連動した在庫の一元管理も可能だ。さらにチェックインやスマートキー、カード決済など多機能と連動していることで、予約からチェックアウトまで業務の無人化・効率化を実現する。次の6つの特徴があり、リピーター獲得に貢献するという。

同システムは『AirHost PMS』のオプション機能として動作し、以下の機能を提供する。

  • 在庫連動:『AirHost PMS』と連動しOTAカレンダーと同期する。
  • 料金連動:OTAへの料金同期と同様の方法で『AirHost PMS』から一元管理が可能。
  • AirHost PMS完全連動:OTAからの予約と同様、『AirHost PMS』の自動メッセージや清掃管理など、全ての機能を利用可能。
  • クレジット決済機能:『Stripe』など『AirHost PMS』と連携可能な決済サービスと自動連携する。『Stripe』アカウントは物件毎に設定が可能。
  • モバイル対応:提供される全てのWEBページは、スマートフォン・タブレット端末などで快適に利用できる。
  • キャンセルポリシー:料金プラン毎にキャンセルポリシーを設定可能。
  • メール認証機能:ゲストのメールアドレスが実在することを登録時に確認。
  • ゲストログイン機能:ゲストアカウントを利用して、予約の作成・閲覧・変更・キャンセルを行える。
  • 多言語対応:日本語・英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語
  • 現地通貨表示:Booking.comなどのOTAと同様、ゲストの現地通貨での参考料金を表示する。決済は設定通貨(通常は日本円)で決済される。
  • 自社ホームページ連携機能:既に自社ホームページを持っている場合、ブッキングエンジンが提供する各施設ページと自社ホームページのページ遷移を設定可能。

また、ゲストはスマートフォンからも利用しやすく、以下4つの流れで予約が完了する。

同システムは初期費用無料、月額費用は基本利用料5,000円に1部屋あたり100円がプラスされる。基本利用料はAirHostアカウント毎にカウントされ、部屋数での算出のため棟数は料金に影響しない。例えば、 5棟・計100部屋の場合は同システムのオプション料金のみで、基本料金5,000円+ライセンス料10,000円(100円×100部屋)=15,000円(税込)となる。

同社は今後について「エアホストでは、今後も宿泊施設向けに日々の作業自動化・効率的な運営を支援するシステムを提供することで、ホテル・民泊運営のコストカット及びゲスト様の満足度の向上に貢献してまいります」と述べている。

同社は宿泊施設の業務効率化を進めるべく、これまで機能を拡充したり多くのサービスと連携してきた。スマートロックにおいては株式会社構造計画研究所が提供する『RemoteLOCK』や、ブロックチェーンロック株式会社が提供する『KEYVOX』、サイトコントローラーでは株式会社クリップスが提供する業界トップシェアの『ねっぱん!』と連携している。また、決済においてはオンライン決済プラットフォームを展開する『Stripe』や、株式会社POSSIBLEが提供する『RONT®』と連携している。

新たにリリースした『AirHost Booking Engine』は、在庫の連動をはじめ多くの機能を備えているほか、多言語対応のWEBサイトを簡単に作成できるため、今後も増えると予想される訪日外国人の誘客にも力強い。ますます利便性が高まった同社のサービスは、宿泊施設の業務効率化や収益向上により一層寄与するものになりそうだ。

■「AirHost」公式サイトはこちら

【参照記事】
・エアホスト、新サービス『AirHost Booking Engine』を正式リリース
【参照サイト】
・Webサイト(ブッキングエンジン)機能の利用・設定方法

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る