旅行サービス「atta(あった)」が正式版をローンチ、宿泊施設価格の動向を解析・通知しお得な予約が可能に

旅行サービス「atta(あった)」が正式版をローンチ、宿泊施設価格の動向を解析・通知しお得な予約が可能に

ビッグデータとAIを使った旅行サービス『atta(あった)』のβ版を運営する株式会社attaが、2019年7月4日に『atta』の本リリースとなるiOSアプリをローンチした。初期対応言語は日本語と英語で、Android版は2019年7月17日にローンチ予定だ。

attaは「旅」×「テクノロジー」のトラベルテックスタートアップだ。テクノロジーを使い旅行を科学し、旅行前に旅行者が感じるペインを解決する。同社の前身である株式会社WithTravelは2018年3月に設立し、ビッグデータとAIを使った新しいトラベルテックサービスを開発してきた。WithTravelが提供していたホテル・旅館・民泊・別荘の一括検索サービス『WithTravel』は2019年1月、検索対象を日本国内の約6万件の宿泊施設から、世界218ヵ国・地域にある約55万件の宿泊施設に拡張すると発表した。2019年5月、社名を株式会社attaへと変更している。

attaは、Facebookが実施しているスタートアップ支援プログラム『FbStart』にて「Bootstrap」に認定されたほか、朝日メディアアクセラレーションプログラム5期生、株式会社電通が運営するスタートアップ支援プログラム『GRASSHOPPER』の1期生、アジア最大級のテックイベント『RISEカンファレンスイベント2019』のピッチバトル参加53社にも選出された。

『atta』は世界218ヵ国・地域、約63万軒のホテル・旅館・民泊・別荘などの宿泊施設を、さまざまな宿泊予約サイトを横断し一括で簡単に比較・検索できるサービスだ。2019年3月にβ版をリリースし、旅先・予算・日程から最適な航空券と宿泊施設が見つかる「予算でatta」と、旅条件と目的や気分、やりたいことなど旅診断から旅先をおすすめする「旅先atta」の2サービスを展開している。

「予算でatta」は、ユーザーが使えば使うほど、自分に合ったプランを発見を発見できるのが特徴だ。“予算感も決めているが、旅予算内で的確な航空券や宿泊施設を自分で探せていない”、“様々な旅行サイトを個別に検索するのが面倒だ”と思うユーザーに対し、旅の条件を入力したった一回の検索で、その予算内で最適な航空券と宿泊施設をセットでおすすめする。こだわり条件となる航空会社や乗り継ぎ回数、ホテルランク、民泊の可否など個人の優先順位を機械学習し、そのユーザーに合った検索結果の最適化をする。

また「旅先atta」は、まだ旅先自体を悩んでいるユーザーに対し、旅診断に基づき新たな旅先に出会う機会を提供する。旅診断の結果を同行者や友人にどこに行くべきかを投票してもらい、一緒に旅先を決めることができる。

正式版となる今回のローンチでは、AIを使い、特定の宿泊施設・宿泊日の最安プランにおける宿泊施設価格の動向を解析する。そして、今後宿泊料金がより安くなる確率を提示し、提示宿泊料金が下がった時に、旅行者に対してリアルタイムにスマートフォンプッシュで情報を提供する「プライスアラート機能」を取り入れた新サービスも展開する。加えて、格安時期が一目で分かる「カレンダー」もリリースした。よりビッグデータやAIを駆使した効率的な情報解析機能と、リアルタイムなスマートフォンプッシュによってさらにお得な情報を提供する。

サービスのローンチにあたり特許も出願したといい、宿泊施設予約における新しいユーザーエクスペリエンスを提供するとしている。同社の代表・春山佳久氏は、このたびのリリースを受け次のように述べている。

「昨年の創業から準備してきたAIを駆使した宿泊検索サービスをようやくユーザーに提供できるようになりました。attaで宿泊施設情報とユーザーの接点を増やし、より多くの旅行機会を創出できるサービスを目指してまいります。」

同社は2019年3月、グローバル・ブレイン株式会社が運営するグローバル・ブレイン6号投資事業有限責任組合を引受先とする第三者割当増資により、約2億円の資金調達を実施した。この資金調達は、ビッグデータやAIを使った『atta』の機能拡張に伴うエンジニア採用の強化や、同サービスのユーザー獲得やブランディングを目的としたマーケティング・PR活動などを目的として行われた。また、シンガポールに子会社を設立し、東南アジアを中心とした海外にも同サービスを広げていくことに注力すると述べていた。

エクスペディア・ジャパンが2018年10月に発表した『旅行予約に関する意識調査』によると、急いで旅行の予約をして失敗した経験のある人は38%おり、急いだ理由として「お得な価格で予約できる時間が限られていたから」が最も多い59%だった。また、ホテル選びに時間をかけたい人は93%おり、その理由は「下調べをしっかりしたいから」が最も多い72%、次いで「もっと安くなるかもしれないから」が62%となった。この調査から、“お得に予約したい”というニーズが高いことがうかがえる。

今回『atta』に新たに加わった「プライスアラート機能」は、わざわざ自分で検索し直すことなくお得な料金を提案してくれ、「カレンダー」はパッと見ただけでいつがお得なのか分かる。多くのユーザーが求める“お得”を提供できるだけでなく、検索にかける時間も少なくでき満足度向上に繋がるだろう。同サービスが今後、どのような機能を拡充していくか注目していきたい。

■『atta』公式サイトはこちら

【参照記事】
・宿泊施設の料金をAIが解析、今後安くなる確率を提示。ビッグデータ・AIを駆使したトラベルテックサービス「atta」をローンチ。更にお得な宿泊施設予約が可能に。
・ビッグデータ・AIを駆使した新しい旅行サービス「atta(あった)」のβ版をローンチ。2019年3月14日より日本語・英語版をリリース
・ビッグデータ・AIを使った旅行サービス「atta」を運営する(株)WithTravel。 シリーズAラウンドで約2億円の資金調達を実施。
・株式会社WithTravelが株式会社attaへ社名変更。更なる成長加速を目指し、サービス名「atta」と社名を統一
・旅行予約に関する意識調査 旅行予約「急いだ結果後悔」が4割

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る