日本初のホテル予約売買サービス『Cansell(キャンセル)』、合計10ヵ国での出品が可能に

日本初のホテル予約売買サービス『Cansell(キャンセル)』、合計10ヵ国での出品が可能に

Cansell株式会社は2019年5月18日、同社が運営する日本初のホテル予約の売買サービス『Cansell(キャンセル)』が、グローバル展開の第二弾として新たに5ヵ国への出品を開始したと発表した。同サービスの対応エリアは日本を含む計10ヵ国となった。

2016年9月にスタートした『Cansell』は、キャンセルしなければいけない宿泊予約を、誰でも簡単に売買できるサービスだ。ホテル予約をキャンセルする場合、予約したプランやキャンセルするタイミングによっては、キャンセル料が発生する。こうしたキャンセル料がかかる予約を出品し売買が成立することで、売る人はキャンセル料を削減でき、買う人は他よりもお得に宿泊することができる。さらに、宿泊施設は本来空いてしまう予約にそのまま宿泊者が来てくれるなど、三方にメリットが生まれる。

同サービスへ出品希望の予約は必ず審査を行い、「キャンセル料が掛かっていないと販売できない」「予約した時の値段よりも高くは売れない」という制限を設けることで、高額転売などを徹底的に排除している。あくまでも“キャンセル料を抱える人を助ける”サービスだ。

また、2018年10月に提供を開始した宿泊施設向けの「Cansell パートナープログラム」には、全国の多くの宿泊施設が入会し、日本旅館協会の推薦プログラムに認定された。このプログラムではキャンセル料の保証、公式サイトへの送客、提携サービスの利用優待が受けられる。

2019年2月には、ライブ・イベントやアーティストを起点とした、会場周辺にあるホテルを検索できる機能をリリースした。ユーザーは『Cansell』サイトにてライブやイベント名を入力し検索することで、当該の日付および会場が選択された状態で、周辺にあるホテルを比較検索することが可能になった。また、アーティスト名を入力した場合には関連のライブ情報も表示される。

このようにサービスを拡充してきた同社は、2019年3月よりグローバル展開を開始し、2019年内に世界20ヵ国でのサービス展開を目指すと発表した。第一弾として、これまで国内限定だった出品エリアを海外にも拡大した。出品対応エリアは日本・アメリカ・オーストラリア・シンガポール・カナダの5ヵ国となり、世界150万軒以上の海外ホテルの比較検索が可能になった。

そして今回、グローバル展開の第二弾として韓国・台湾・香港・フィリピン・ニュージーランドの5ヵ国が追加された。特に韓国や台湾は日本人に人気のアジア旅行先ということもあり、過去の出品リクエストも多かったようで、2019年夏にはアジアの出品を豊富に掲載していく予定だ。今後は全世界への出品を可能にする方針で、サイトの多言語化も積極的に進めるとしている。

同社は「世界中の人が利用できる日本発のグローバルサービスの実現を目指します」と述べており、今後も動向に注目していきたい。

手軽にオンライン予約できるようになった一方で、宿泊者が現れず無断キャンセル(ノーショー)になる事態も増えており、宿泊施設にとっては大きな損害だ。近年問題となっている無断キャンセル(ノーショー)対策には、さまざまな企業がサービスを提供している。

2018年10月、クラウドサービス『AirHost PMS』とオンライン決済サービス『Stripe』がAPI連携し、予約の変更やキャンセルがあった場合の一部返金・追加請求を実行するなどの機能が自動化された。2019年1月には、株式会社クリップスがサイトコントローラー『ねっぱん!』の無料提供を2019年6月末で終了し、「ねっぱん!サイトコントローラー++(プラスプラス)」の有料提供を2019年7月より開始すると発表した。これまでの『ねっぱん!』の機能をベースに、ノーショー対策など8つの機能を新たに搭載する。

2019年3月には、Gardia株式会社が「事前キャンセル保証サービス」の提供を開始した。キャンセル料の回収が困難な場合に損害の一部または全部を保証するもので、同サービス提供の第一弾としてCansellへの展開が決まっている。また2019年4月には、株式会社Loco Partnersが一流ホテル・旅館の宿泊予約サービス『Relux(リラックス)』の契約施設向けに、一定の支援金を給付するサービス「No-Showプロテクション」の期間を延長すると発表した。

こうしたサービスがさらに広がり宿泊施設や予約サイトに導入され、問題解決に寄与していくことを期待したい。

■『Cansell』公式サイトはこちら

【参照記事】
・日本初のキャンセルしたい宿泊予約の売買サービス「Cansell」、日本人に人気の韓国や台湾などの海外ホテルを新たに出品対応へ!
・ホテル予約の売買サービス「Cansell」、ホテル・旅館の経営を支援するパートナープログラムを提供開始
・ホテル・旅館の経営を支援する「Cansell パートナープログラム」が日本旅館協会の推薦プログラムとして認定
・ホテル予約の売買サービス「Cansell」、ライブ・イベントから会場周辺のホテルを比較検索できる機能をリリース
・日本初のキャンセルしたい宿泊予約の売買サービス「Cansell」、グローバル展開を開始 〜年内20カ国に展開〜

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る