エステー、客室専用消臭ミスト「Air Forest」を新発売、宿泊施設に向けた詰替(リフィル)ビジネス参入へ

エステー、客室専用消臭ミスト「Air Forest」を新発売、宿泊施設に向けた詰替(リフィル)ビジネス参入へ

日用雑貨メーカーのエステー株式会社は2019年2月18日、2011年から進めてきたトドマツから抽出した空気浄化作用に優れる機能性樹木抽出成分の「クリアフォレスト」を活用し、これまで培ってきた消臭技術と掛け合わせた詰替(リフィル)ビジネスの事業展開を開始することを発表した。

その第1弾として、ホテルや旅館の客室に向けた業務用ファブリック&ルーム フレッシュナーの「Air Forest(エアフォレスト) 衣類・布製品用消臭ミストつめかえ用10L」(以下「Air Forest」)を、ホテル・旅館業界の代理店ルートを通じて2月25日から発売する。

同社では、「クリアフォレスト」を活用した新分野、隣接カテゴリーの新市場の開拓、市場参入を目指し、オープン・イノベーションとして昨年、複数企業とのコラボレーションによって商品化を実現したのに続き、さらに今年、詰替(リフィル)ビジネスとして「クリアフォレスト」の持つ循環型ビジネスを業務用ビジネスシーンで展開する。

そこで注目したのが、訪日外国人の増加、2020年の東京オリンピック・パラリンピック、さらに2025年大阪・関西万国博覧会の開催などを背景に成長が見込まれ、拡大の一途を辿る国内宿泊市場であるホテル・旅館業界だ。

宿泊施設に向けて、リフレッシュメントによるニオイの解決に加え、香りのホスピタリティによって宿泊施設の新しいおもてなしと、宿泊者へくつろぎの空間を創造する新製品「Air Forest」を投入することで、市場への新規参入を図る。

同商品は、エステーグループの日本かおり研究所株式会社が国立研究開発法人 森林研究・整備機構と共に開発した、北海道のトドマツから抽出した機能性樹木抽出成分「クリアフォレスト」を活用し、“暮らしの快適化”と“森の再生”の両立を目指した「循環型ビジネス」から生まれたもの。ホテル・旅館の客室にて宿泊者や客室係が使用することで、次の3つのチカラで快適さをもたらす。

  • 消臭のチカラ…客室の不快臭がダウン
    家庭用消臭芳香剤の「消臭力」で培った消臭技術により、衣類やベッド、カーテンなどからの不快臭を軽減し、優れた消臭効果で客室を快適にする
  • 森のチカラ…森の香り成分を配合
    北海道の大地に広がるトドマツの森から生まれたエステー独自の“機能性樹木抽出成分”「クリアフォレスト」を配合し、自然の心地よさを提供
  • 香りのチカラ…くつろぎを邪魔しない、香りのおもてなし
    香りが最後まで残るルームフレグレンスとは異なり、香りが残りにくい設計となっているため、香りがふわっと漂ったあとは次第に落ち着き、客室に自然となじんでいく

この3つのチカラにより、しみついたタバコ臭や衣類の汗臭、体臭、ベッド、布団、枕、ソファー、クッション、カーテンなどのニオイの問題を解決・改善し、プロユースに応える“リフレッシュメント(消臭)”と“ホスピタリティ(香りによる見えないおもてなし)”を実現する。

同商品は、“非売品”である「ボトル本体」や客室に設置する際の「スタンドPOP」、「クローゼット用ハンガー(POPつき)」を宿泊施設に必要数を提供し、液体の「つめかえ用 10L」(画像左)のみを販売する。なお、「ボトル本体」裏面の注意事項の記載は、日本語のほか、英語、中国語(簡体)、韓国語の4ヵ国語で表記し、訪日外国人の宿泊者にも安心して使用できるようにしていく。参考代理店価格はオープン。

客室衣類用消臭スプレーや清掃用消臭スプレー、喫煙所などの共有スペースでの置き型消臭剤など、ホテルや旅館等における宿泊施設の消臭剤市場規模は現在約41億円。そのうち客室衣類用消臭スプレーの推計市場は約17億円と同社は予測している。同商品の発売により、5年後には客室用消臭剤におけるシェア20%を確保したい考えで、今後、宿泊施設全体の事業展開を拡大し、「Hotel Air Professional(ホテル空間全体のニオイを解決、改善)」を目指すという。

さらに、“ニオイの解決”+“香りのおもてなし”をキードライバーに、同商品の世界観をホテル・旅館業界を皮切りに、様々な異業種消臭市場に広げていく考えだ。

全館禁煙のホテルが増えていると共に、アロマを使ったオリジナルフレグランスを提供するなど、「香り」によるホテルのブランディングは近年、様々な宿泊施設で取り入れられている。これまでに取り上げた中でも、“杉のアロマ”の香りを取り入れたHEARTSカプセルホテル&スパ」や、柚子・カボス・檜など日本独自の植物を用いたオリジナル天然アロマオイルを採用した三井ガーデンホテル大手町」などがあり、ホテルのイメージを印象づけるのに効果的だ。

しかし、禁煙ルームの設置が進んでいない宿泊施設などでは、室内にタバコ臭が残ってしまったり、香水をつける文化が根付く外国人観光客の宿泊が増えるなど、ニオイに対する課題解決には、まだまだ時間がかかりそうだ。同商品の導入により、様々なホテルで誰もが快適に過ごせる客室が提供されていくことを期待したい。

■「エステー」公式サイトはこちら
■「クリアフォレスト」ブランドサイトはこちら

【参照記事】
【エステー】ホテル・旅館の客室に向けた詰替(リフィル)ビジネスへの参入 「クリアフォレスト」を活用した客室専用消臭ミスト「Air Forest(エアフォレスト)」を新発売

(HOTELIER編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る