ホテルなどの屋内3D撮影サービス「3Dウォークスルー for HOTELS」がリリース

ホテルなどの屋内3D撮影サービス「3Dウォークスルー for HOTELS」がリリース

たび応援カンパニーの株式会社イザンは22日、Mattterport社の3Dスキャンカメラで宿泊施設やブライダル会場などを撮影する『3Dウォークスルー for HOTELS』をリリースした。

同サービスは既存のパノラマ撮影サービスと違い、空間データを収集して3Dモデルにできるため、室内を実際に歩いているかのように見ることができる。また、施設全体をあらゆる角度から確認することも、真上からレイアウトを確認することもできる。これにより、施設の稼働状況に影響するOTAでのレビューやスコアの向上、旅行代理店窓口での施設の案内などに貢献するという。

広角レンズで必要以上に広く見せた室内空間の写真では「写真と違う」「がっかりした」「こんな部屋とは思わなかった」といったマイナスの印象に繋がる。一方、3Dで撮影された空間は実際の広さを違和感なく感じられ、「思った通りの部屋」としてゲストの期待を裏切ることがない。さらに高精細の撮影ができるため、コンセントの位置やバスルームの使いやすさなど、実際の使い勝手に繋がる箇所を事前に確認することも可能だ。

同サービスでは、ホテル・民泊・ゲストハウスの館内全体を撮影し、部屋と施設などすべてをひとつの3Dデータにすることも可能である。宿泊施設だけでなく、チャペルや披露宴会場の撮影、飲食店や会議室、医療機関の案内、不動産やマンション販売・賃貸などにも活用できる。

■「3Dウォークスルー for HOTELS」概要(2018年10月現在)
料金:28平米までの室内空間で48,000円(税別)~
パッケージ内容:3D撮影料金、関西地域の出張費用、3Dデータ活用法のアドバイス、データサーバーの一年間の利用
最短で3営業日での利用開始が可能。
公式サイトはこちら

【参照記事】
稼働率向上につながる臨場感ある内覧可能な屋内3D撮影サービス。 ホテル・民泊・ブライダル会場などに適したパッケージをリリース。

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で








太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る