「AirHost PMS」とオンライン決済サービス「Stripe」がAPI連携、“No show”トラブルを回避




「AirHost PMS」とオンライン決済サービス「Stripe」がAPI連携、“No show”トラブルを回避

合同会社エアホスト(本社:神奈川県川崎市、代表:尾畠隆志)が提供するクラウドサービス『AirHost PMS』が、オンライン決済プラットフォームを展開するStripe(本社:サンフランシスコ)と10月3日にAPI連携を開始した。

インバウンド効果で宿泊施設の需要が伸びているが、「現地払い」の決済方法は直前キャンセルや宿泊客が現地に現れない“No show”トラブルに繋がり、近年深刻な課題となっている。特にBooking.com予約においては、トラブル回避のためゲストから取得したクレジットカードを確認・コピーし、決済が有効かカード会社に確認するオーソリゼーション(以下:オーソリ)を手動で行っている。キャンセルポリシーに合わせた決済の実行や、オーソリで無効と判断された場合にBooking.com側に「無効クレジットカードとして記録」するといった日々の作業に、非常に手間がかかっていた。

このたび、AirHost PMS(PCI DSS認証済)はBooking.com APIからクレジットカード情報が自動連携され、以下の流れで決済し、不正カード情報の検知・登録が自動化された。
1.自動でクレジットカードのオーソリ実行
2.ゲストがカード情報を更新した場合、オーソリを自動リトライ
3.宿泊の短縮や延泊等で請求金額が変更になった場合、自動で一部返金・追加請求を実行
4.予約がキャンセルされた場合、請求のキャンセルや返金を自動実行
5.各予約の決済状況は一覧で確認可能

Booking.comから予約が入ると、予約時に受け取ったゲストのクレジットカードに対し自動でオーソリを実行する。カードが有効の場合は決済日設定に合わせて決済を自動で実行し、無効の場合には自動でBooking.comに「無効クレジットカードとして記録」が行われ、ゲストにカード情報の再登録通知が送られる。ゲストがカード情報を更新した場合はオーソリを自動リトライし、カードの有効の有無を確認・処理され、期限が過ぎるとAirHost PMSから予約のキャンセルを実行できる。

ゲストが宿泊期間を短縮または延長し請求額が変更になった場合は、自動的に請求額の一部返金や追加請求を実行する。ゲストが宿泊をキャンセルした場合は、請求前であれば請求をキャンセルし、請求済みの場合にはキャンセルポリシーに従い一部または全額を返金する。また、AirHost PMS内で各予約の決済情報を一覧で確認できることに加え、決済日設定に合わせ支払いのリマインドメッセージを送るなど、期限内の支払いを促すこともできる。

Stripeのサービスは初期費用や月額費などはなく、取引額の3.6%の手数料で利用可能だ。VISA・Mastercard・JCBなどあらゆる国の主要なデビットカード・クレジットカードすべてに対応している。宿泊施設は比較的手頃な価格で導入でき、決済に関するゲストとのトラブルを未然に防ぐことができる。さらに、事前決済を徹底することで当日のオペレーションも最低限に抑えられ、フロント業務の省人化・無人化も可能だ。クレジットカードのオンライン決済を導入することで、カード決済を好む訪日観光客からの集客も強化できる。

エアホストは、「今後も宿泊施設向けに日々の作業自動化・効率的な運営を支援するシステムを提供することで、民泊・ホテル運営のコストカット及びゲスト様の満足度の向上に貢献してまいります」と述べた。

【コーポレートサイト】
・合同会社エアホスト
・Stripe
【サービスサイト】
Airhost PMS
【関連記事】
・「AirHost PMS」と「ねっぱん!」が連携、集客力アップと業務の効率化が可能に。
・AirHost PMSとRemoteLOCKがAPI連携、PINコード発行自動化など業務を削減。

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で