セルフエステを楽しめる「Be-Lounge®」が「ヴィアイン飯田橋後楽園」に導入




セルフエステを楽しめる「Be-Lounge®」が「ヴィアイン飯田橋後楽園」に導入

9月5日に開業した「ヴィアイン飯田橋後楽園」に、パナソニック コンシューマーマーケティング株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:吉清和芳)の家電マーケティングの強みを活かしたコンセプトルーム『Be-Lounge®』が導入された。

『Be-Lounge®』は、Panasonic Beauty商品やリフレ商品が使える美と癒しの空間だ。これまで関東・中部・関西地区のシェアハウスおよび女子学生寮に納入してきたが、ホテルへの導入は今回が初めてとなる。「アーバンモダン×エレガント スタイル」の内装で、ビジネスや都市観光で訪れるゲストに、くつろぎながらセルフエステを楽しめる空間を提供する。

「ヴィアイン飯田橋後楽園」の『Be-Lounge®』では、1.6メートルの広いカウンター席を2席設け、各席ごとに鏡や手洗いボウルの基本設備を設置した。2席の間には半個室空間となるように収納兼ガラス間仕切りを設け、パーソナルスペースが確保できるように工夫した。照明は同社の肌を美しく見せる『美ルック』を採用し、美を意識できる空間になっている。各席に7種の美容家電と1種のリフレ家電が配置され、ヘアケア・フェイスケア・ヘルスケアのトータルエステを楽しめる。

同社は今後について、「寮やホテルのリニューアルをご検討されているお客様や空家・空室対策、不動産活用をお考えのお客様へ、家電マーケティングのノウハウを活かした集客・入居率UPや不動産価値UPを目指したコンセプト企画・提案をさせていただきます」と述べている。企画・提案、設計・施工、家電製品・設備機器の納入などをトータルサポートしていくという。

■「ヴィアイン飯田橋後楽園」概要
所在地:東京都新宿区新小川町4-11
アクセス:JR飯田橋駅から徒歩5分
開業日:2018年9月5日
客室数:全295室(シングル151室、スーペリアシングル4室、デラックスシングル24室、ダブル73室、スーペリアダブル2室、ツイン23室、スーペリアツイン1室、デラックスツイン16室、ユニバーサルツイン1室)
運営:株式会社JR西日本ヴィアイン(JR西日本グループ)
公式サイトはこちら

■「Be-Lounge®」納入商品(すべてパナソニック商品)
1.ヘアードライヤー ナノケア
2.スチーマー ナノケア
3.ストレートアイロン ナノケア
4.カールアイロン26mmイオニティ
5.カールアイロン32mmイオニティ
6.エアーマッサージャー レッグリフレ
7.目もとエステ
8.導入美容器 イオンエフェクター<高浸透タイプ>※角質層まで

【参照記事】
「ヴィアイン飯田橋後楽園」にホテル業界初の「Be-Lounge®」美容・リフレ家電でセルフエステが楽しめる空間
【コーポレートサイト】
・パナソニック株式会社
・パナソニック コンシューマーマーケティング株式会社
・JR西日本
・株式会社JR西日本ヴィアイン
【サービスサイト】
・ヴィアインホテルチェーン
・Panasonic Beauty
・美ルック
【関連記事】
・JTB、訪日客の手ぶら観光サポートに向けパナソニック、ヤマトHDとサービス開始
・経産省が推進する訪日外国人受け入れプラットフォーム構築、指紋認証決済など実証実験
・福岡市に2年間でホテル33棟開業、博多と天神を中心に過去最大の開業ラッシュ。
・大阪と京都でホテルの新ブランド続々開業、多様な宿泊ニーズの取り込み狙う。
・JR西日本グループ、2019年に博多、心斎橋、日本橋で宿泊特化型ホテル3軒開業
・JR西日本、大阪駅北、新ブランドホテル「ヴィスキオ」2018年6月6日開業
・京都駅八条口エリアで相次ぐホテル開業。大和リゾート、JR西日本グループなど
・JR西日本、ホテルブランドに宿泊特化型、カプセルの2ブランド追加。今秋以降開業
・JR西日本不動産開発、大阪弥生会館跡地に2018年春ホテル開業。名古屋、岡山でも開発スタート

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で