ニューオータニイン札幌が翌月おまとめ払いサービス「Paidy」を導入、直前キャンセルリスクを防止




ニューオータニイン札幌が翌月おまとめ払いサービス「Paidy」を導入、直前キャンセルリスクを防止

株式会社Paidy(本社:東京都港区、代表取締役社長:杉江陸、以下:Paidy)は31日、HRT ニューオータニ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:原田明久)が運営する「ニューオータニイン札幌」に『Paidy(ペイディー)翌月払い(コンビニ/銀行)』を導入したと発表した。

『Paidy』は、日本初の翌月おまとめ払いのEC向け決済サービスとして、2014年10月に提供を開始した。メールアドレスと携帯電話番号の入力だけで決済が瞬時に行われ、事前の会員登録は不要で、クレジットカードがなくても利用できる。本人確認はSMS(ショートメール)もしくは自動音声で案内する認証コードで行われる。同サービスで決済した代金は、翌月にまとめてコンビニエンスストア・銀行・口座振替のいずれかで支払いが可能だ。ユーザーは安心・簡単・便利にオンラインショッピングを楽しむことができる。

加えて、クレジットカードを持っていなかったりその利用に抵抗があるユーザーでも簡単に利用できるため、同サービスの導入企業は、新規顧客の獲得やコンバージョン率の向上が期待できるという。さらに返金処理も簡便で、売上金の入金は100%保証され、導入企業が負担する費用は決済手数料のみだ。

「ニューオータニイン札幌」はこれまで、事前クレジットカード決済と現地払いの2つの決済手段を提供していたが、事前決済を選択する人が多かったため直前キャンセルに悩んでいた。同サービスを導入することで、クレジットカード不要で宿泊客の予約と同時に決済が完了し、予約日当日あるいは直前のキャンセルリスクを抑えることができると考えたという。

また、宿泊客がキャンセルした場合でも、Paidyがホテルへキャンセル料の支払いと、宿泊客からのキャンセル料の徴収を行う。これにより、ホテルはキャンセル料が100%保証され、ユーザーはクレジットカードをインターネット上で登録するというセキュリティ上の不安がなく、新しい決済の選択肢が増えるというメリットがある。

■「Paidy」公式サイトはこちら

【参照記事】
ニューオータニイン札幌が直前キャンセルの抑止のためPaidy 翌月払いを導入
【コーポレートサイト】
・株式会社Paidy
・HRT ニューオータニ株式会社
【サービスサイト】
・ニューオータニイン札幌
【関連記事】
・宿泊予約システム「Direct In」にカード不要決済「Paidy」を導入。予約と同時に清算完了、当日キャンセルリスクも低減。
・ニューオータニとヴィラフォンテーヌ、世界最大のクチコミ・プラットフォーム「Trust You」導入決定

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で