客室設置型タブレット「イータブ・プラス」がホテルグリーンプラザ箱根の全客室に導入

客室設置型タブレット「イータブ・プラス」がホテルグリーンプラザ箱根の全客室に導入

「ホテルグリーンプラザ箱根」が、客室設置型タブレット『ee-Tab*®(イータブ・プラス)』を全客室に導入し、7月1日よりサービスの提供を開始した。

同ホテルは箱根仙石原の高台に位置し、露天風呂から富士山の絶景を臨むロケーションだ。箱根十七湯のひとつに数えられる“仙石原温泉”を自家源泉で堪能できる。芦ノ湖・箱根神社・彫刻の森美術館・箱根ガラスの森美術館など人気観光スポットへも近く、箱根観光の拠点に最適だ。

近年、箱根エリアでは訪日外国人観光客が増加し、多言語での館内案内や観光情報の提供が不可欠だった。同ホテルでは、以前は観光案内を印刷し使用していたが、印刷物が多種多様であることや情報更新の煩雑さ、新しい情報がタイムリーに提供できないなどの課題を抱えていたという。

そこで『イータブ・プラス』を導入し、館内案内および観光情報などを一元化することで、タイムリーにオンライン上で情報更新ができ、宿泊者の利便性が向上すると判断したという。同サービスの導入により、宿泊者の利便性の向上と館内施設の利用促進に寄与するとともに、運営スタッフの業務効率および生産性の向上にもつながると考えている。

同サービスは、株式会社ミライト(本社:東京都江東区、代表取締役社長:中山俊樹)とテックファーム株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:千原信悟)が業務提携し開発したものだ。宿泊者は同サービスを利用することで、館内案内・気象情報・電子書籍・交通情報・ホテル周辺の観光情報などを閲覧できる。

今後は、これらの情報を日本語・英語・繁体字・簡体字・韓国語で表示できるようにする予定で、サービス開始以降随時アップデートしていくという。さらに「レストランの混雑状況の表示」や「客室オーダーシステム」などの機能導入も検討している。

■「ホテルグリーンプラザ箱根」概要
所在地:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1244-2
支配人:大嶋慎也
客室数:123室
収容人数:400名
施設:温泉大浴場、露天風呂、イングリッシュガーデン、チャペル
公式サイトはこちら

■「ee-Tab*®(イータブ・プラス)」の公式サイトはこちら

【参照記事】
ホテルグリーンプラザ箱根、客室設置型タブレット『ee-Tab*(R)』全123室に設置し7月よりサービス開始
【参照サイト】
客室設置型タブレット『ee-Tab*®(イータブ・プラス)』を全123室に設置 ホテルグリーンプラザ箱根7月1日よりサービス開始
【コーポレートサイト】
・株式会社ミライト
・テックファーム株式会社
【サービスサイト】
ホテルグリーンプラザ

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で