るるぶダイニングとRESURAKUが連携、在庫管理の手間やミスを大幅に削減し業務を効率化

るるぶダイニングとRESURAKUが連携、在庫管理の手間やミスを大幅に削減し業務を効率化

旅行・ライフスタイル情報を提供する株式会社JTBパブリッシング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:今井敏行)は20日、同社が運営するレストラン予約サイト『るるぶダイニング』と、株式会社レスラク(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:浅井慶三)が運営するレストランネット在庫一括管理サービス『RESRAKU(レスラク)』の連携を開始すると発表した。

『るるぶダイニング』は、厳選した旅先グルメやホテル内レストラン、ハイクラスレストラン、カジュアルダイニングの食事プランをオンライン予約できるサイトだ。“発行点数世界最多の旅行ガイドシリーズ”としてギネス世界記録にも認定された『るるぶ』ならではの情報を活かし、大阪・京都・神戸・名古屋などの大都市圏や、北海道・沖縄といった観光地など、レストラン予約できるエリアと店舗を拡充している。

『RESRAKU』は、複数の大手グルメサイトのWEB予約を一元管理する、飲食店向けのサイトコントローラーだ。グルメサイトの在庫管理業務を劇的に効率化すると同時に、予約を最大化させるというまったく新しい管理システムである。ホテル内レストランや街場レストランなど、幅広いジャンルの飲食店で利用されている。

これまでの『るるぶダイニング』は、専用の管理画面からネット在庫の登録・管理が必要だった。このたびの『RESRAKU』との連携により、日々のネット在庫管理業務を劇的に効率化できる。『RESRAKU』を導入した飲食店は、同サービスに在庫数を設定するだけで『るるぶダイニング』をはじめとする複数のグルメサイトに在庫数が共有され、ゲストからの予約が入ると在庫数をリアルタイムに自動更新する。これにより、各グルメサイトの在庫調整や販売を停止する面倒な作業がなくなることに加え、予約管理の手間やミスも大幅に削減し、ネット予約在庫の最適化を可能にするという。

『RESRAKU』および『るるぶダイニング』利用についての飲食店からの申し込み受け付けは、2018年6月20日より開始している。レスラクとJTBパブリッシングは、「今後も成長が予想される飲食店のネット予約受付に対し、在庫管理業務の時間短縮などの業務効率の向上と、ネット集客の強化に貢献してまいります」としている。

【本サービスに関するお問い合わせはこちら】
JTBパブリッシング レストラン予約事務局
TEL:03-6888-7871
E-mail: jdining_sec@rurubu.ne.jp

【コーポレートサイト】
・株式会社JTB
・株式会社JTBパブリッシング
・株式会社レスラク
【サービスサイト】
・るるぶダイニング
・RESRAKU
【関連記事】
・6月15日よりセブンーイレブンに民泊チェックイン機配置、2020年度までに1,000店舗への展開目指す。
・ビジコムとJTBビジネスイノベーターズが連携、飲食代・宿泊費等を一元管理できるシステムを提供。
・JTB、訪日客の手ぶら観光サポートに向けパナソニック、ヤマトHDとサービス開始
・JTB、Agodaと業務提携。AgodaサイトでJTB取り扱い宿泊施設予約可能に
・経産省が推進する訪日外国人受け入れプラットフォーム構築、指紋認証決済など実証実験

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る