「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」が業界内に先駆けベジタリアンメニューを提供、7月2日より開始。




「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」が業界内に先駆けベジタリアンメニューを提供、7月2日より開始。

『ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル』(所在地:神奈川県横浜市、総支配人:本城明)が、インバウンド需要の増加に対応する新たな取り組みとして、ベジタリアンメニューを強化し、7月2日より通年メニューとして提供を開始すると発表した。

特に台湾と香港の増加が著しいアジア圏からの訪日観光客のうち、現在約100万人が「ベジタリアン」と言われている。また、アメリカでは「ビーガン(完全菜食主義者)」の人口がここ数年で6倍に増加している。マーケットが世界的な広がりを見せている一方で、日本においてはベジタリアン対策が進んでいないのが現状だ。同ホテルは横浜国際平和会議場に隣接することなどもあり、これまで多くの外国人ゲストが滞在した。ベジタリアンニーズへの対応実績は多々あったが、その際は個々のリクエストへの対応だったという。

そこで、国内ラグジュアリーホテルのどこよりも先駆け、約8億円市場と言われるベジタリアンのニーズや食の多様化にいち早く対応する考えだ。他ではない新しい取り組みで、館内の全レストラン(中国料理、フランス料理、イタリア料理、ブッフェ・ダイニング)、ルームサービス、宴会にて通年でオンメニューとする。ラグビーワールドカップや東京オリンピック・パラリンピックの開催、インバウンド需要の高まり、さらにその先を見据えた新しい「食」の試みとなる。健康志向・ヘルシー志向のゲストにも満足してもらえる内容だという。

ベジタリアンは10種以上あると言われているが、同ホテルでは東アジアを中心とした『オリエンタル・ビーガン(完全菜食主義者)』と『オリエンタル・ベジタリアン(乳製品と卵を食べる菜食主義者)』向けのメニューを提供する。「味気ない」「満足感がない」「見た目がいまひとつ」といった、今までのベジタリアンメニューの常識を覆す料理だ。野菜や大豆のみとは思えない本格的な味と、見た目にも美しいメニューはホテルシェフが考案した。ベジタリアン向け宿泊プランもあり、6月11日より予約を開始する。

■「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」の公式サイトはこちら

【参照記事】
インバウンド需要に対応し、ベジタリアンメニューを強化 業界に先駆け、館内のレストランおよび宴会にて7/2~提供
【コーポレートサイト】
・インターコンチネンタルホテルズグループ
【関連記事】
・名鉄がインターコンチネンタルと提携、2021年に「ホテルインディゴ 犬山 有楽苑」を開業。
・インターコンチネンタルグループ、箱根に全室温泉付の日本初進出ブランドオープン

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で