「ABCチェックイン」と「RemoteLOCK」がシステム連携、民泊新法施行に合わせサービスを開始。

「ABCチェックイン」と「RemoteLOCK」がシステム連携、民泊新法施行に合わせサービスを開始。

株式会社チャプターエイト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高野勇斗)は、同社が提供するセルフチェックインシステム『ABCチェックイン』と、株式会社構造計画研究所(本社:東京都中野区、代表取締役社長:服部正太)が提供するWi-Fi接続型スマートロック『RemoteLOCK』がシステム連携し、2018年6月15日からサービスを開始すると発表した。

『ABCチェックイン』は、タブレット端末やスマートフォンでパスポート情報を取得するスキャン機能、宿泊者名簿の作成・保存機能、本人確認システムを備えている。住宅宿泊事業法(民泊新法)・特区民泊・簡易宿所において必要なチェックイン業務を、無人で行うことができる。チャプターエイトは同サービスのほか、導入・運用コスト0円でゲストにコンシェルジュサービスを提供する『AirBuy&Check』や、商品のバーコートをスマートフォンでスキャンするだけで、商品情報を多言語で閲覧可能にするアプリ『LOOK』などを提供している。

『RemoteLOCK』は、世界最大級の民泊予約サイト「Airbnb」とAPI連携した、日本で唯一のスマートロックだ。暗証番号とテンキーの操作により、ドアの施錠・解錠が可能である。導入している全てのドアをクラウドで一元管理でき、鍵の紛失や複製のリスクを防止できる。

このたびのシステム連携により、ゲストが居室外や近隣店舗に設置された『ABCチェックイン』を使いチェックイン手続きを終えると、『RemoteLOCK』の暗証番号が自動付与される。民泊事業者や民泊管理業者が受け入れ業務の効率化を見込めるだけでなく、ゲスト側も鍵の受け渡しに関わる手間やトラブルを減らせるというメリットがある。

チャプターエイトは、「2018年6月15日に施行される住宅宿泊事業法(民泊新法)と改正旅館業法を遵守し、ゲストが安全・安心・便利に民泊を利用できるよう、今後もシステム開発を進めて参ります。」と述べている。

■「ABCチェックイン」の公式サイトはこちら
■「RemoteLOCK」の公式サイトはこちら

【参照記事】
民泊など向けのABCチェックイン、RemoteLOCKと6月15日からシステム連携スタート
【コーポレートサイト】
・株式会社チャプターエイト
・株式会社構造計画研究所
【サービスサイト】
・AirBuy&Check
・LOOK
・Airbnb
【関連記事】
・AirHost PMSとRemoteLOCKがAPI連携、PINコード発行自動化など業務を削減。
・「ABCチェックイン」、事前決済の宿泊者にスマートロック解錠リンク自動付与可能に
・民泊新法対応「ABCチェックイン」誕生。 クラウド宿帳でフロント無人化

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で