「Relux」が民泊施設等を提案・代理予約する「Vacation Homeコンシェルジュサービス」を開始。




「Relux」が民泊施設等を提案・代理予約する「Vacation Homeコンシェルジュサービス」を開始。

一流ホテル・旅館の宿泊予約サービス『Relux(リラックス)』を運営する株式会社Loco Partners(本社:東京都港区、代表取締役社長:篠塚孝哉)は5月29日、一棟貸しの宿泊施設や住宅宿泊事業法(民泊新法)のライセンスを取得した民泊施設などを紹介する『Vacation Homeコンシェルジュサービス』を開始すると発表した。

『Relux』では、「もうひとつのわが家」がコンセプトの『Vacation Home』を、2018年1月23日より提供開始した。旅館業法における簡易宿所の許可を得た貸別荘・町屋・古民家などを、エリアやテーマ別で紹介している。従来のホテルや旅館とは異なる宿泊体験を楽しめるため、『Relux』ユーザーに支持され、順調に利用者を伸ばしている。

6月15日以降は、住宅宿泊事業法(民泊新法)のライセンスを取得した宿泊施設も提供予定だが、同法律よって管理された民泊物件の利用に対し、危険や不安といった抵抗感を抱かれていることも認識しているという。そこで、多様化するニーズに応えるとともに、「口コミなどが少なく、宿探しに不安が残る」というユーザーにも安心して宿泊してもらえるよう、このたびのサービス開始に至った。

『Vacation Homeコンシェルジュサービス』は、電話・Relux公式LINE・依頼フォームのいずれかにて希望条件を伝えると、Reluxコンシェルジュがユーザーの希望や条件に合う『Vacation Home』を提案する。さらに、ユーザーの要望に応じてReluxコンシェルジュが代理予約※を行うという。「夏の思い出に10名が一緒に泊まれる場所で、BBQをしたい」、「大切な記念日なので、彼女と二人で京都の趣を感じながら宿泊を楽しみたい」などの利用シーンの相談を受け付ける。
(※一部、事前決済の宿泊施設に限り、代理予約を受け付けていない)

■「Vacation Home」公式サイトはこちら

【参照記事】
Relux、民泊利用者向けにコンシェルジュサービス開始
【参照サイト】
Relux、民泊物件等のVacation Homeコンシェルジュサービスを開始
【コーポレートサイト】
株式会社Loco Partners
【サービスサイト】
・Relux
【関連記事】
・株式会社Loco Partners、合法宿泊施設を掲載した「Vacation Home」を本日より提供開始。
・一流ホテル・旅館の宿泊予約サイト「Relux」と民泊宿泊サイト大手「Airbnb」予約業務提携
・旅行検索サイト「スカイスキャナー」と一流ホテル・旅館の宿泊予約サイト「Relux」業務提携開始
・宿泊予約サイトRelux、Find Travel公式チャンネルの外部パートナーに

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で