SQUEEZEとスター・マイカが協業、民泊とマンスリーマンションのハイブリット運用サービス「アップサイドシェアプラン」を提供開始。




SQUEEZEとスター・マイカが協業、民泊とマンスリーマンションのハイブリット運用サービス「アップサイドシェアプラン」を提供開始。

株式会社SQUEEZE(本社:東京都港区、代表取締役:舘林真一)は5月17日、リノベーションマンションの供給を行うスター・マイカ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:水永政志)と協業すると発表した。民泊とマンスリーマンションを掛け合わせた新たな不動産資産運用サービス『アップサイドシェアプラン』の提供を開始し、住宅宿泊事業に本格参入する。

SQUEEZEは、全国5,000軒以上の民泊・旅館・スマートホテルなどの宿泊施設運営をサポートしてきた。物件の予約や清掃管理といった手間のかかる運営業務を効率的に管理する、不動産オーナー・法人向けの運用サポートサービス『mister suite(ミスタースイート)』をはじめとした、アセットマネジメント事業を提供している。

また、民泊からマンスリーまで、物件の短期貸しを一元管理できるクラウドツール『suitebook(スイートブック)』の提供や、民泊の導入から運用にいたるまでのコンサルティングと、それに付随するオプションサービスを提供するソリューション事業も提供している。

中古マンション市場のリーディングカンパニーであるスター・マイカは、民泊事業参入に向け、SQUEEZEに対し2016年6月に第三者割当増資引受を行い、社外取締役を派遣していた。2016年12月に子会社のSMAiT株式会社(本社:東京都港区、代表:水永政志)を設立し、短期賃貸オペレーションの検証・構築を行い、マンスリーマンション事業の運営実績を積み上げてきた。

SQUEEZEとスター・マイカはこれまで、SMAiTの物件において『suitebook』を利用し、民泊サイトで集客する実証実験を進めてきた。このたび、そのノウハウを活用し両社がパートナーシップを組むことで、マンスリーマンションと民泊のハイブリット運用を行い、6月15日施行の住宅宿泊事業法(民泊新法)による「年間営業日数180日」の制限に対応した、不動産オーナーに対する新たな収益機会を提供する。

『アップサイドシェアプラン』は、SMAiTが投資家の保有不動産をサブリース物件として借り上げ、マンスリーマンションとしての運用を行う。また、入居者の入れ替えなどの空室期間を中心に、SQUEEZEのノウハウやマーケティングデータを活用し『suitebook』にて管理することで、民泊として運用し収益の最大化を目指す。

不動産オーナーは、マンスリーマンション運用に応じたサブリース賃料と、これまで機会ロスが生じていた在庫を民泊に転用することで得た収益実績を、SMAiTとシェアする形で受け取る。これまでの一般的な家賃管理とサブリースに加え、ハイブリット運用によるサービスラインナップを拡充することで、不動産オーナーは収益最大化のための選択肢が広がる。

スター・マイカは新サービス提供に伴い、不動産オーナー向けサービスの強化を目的に、SMAiTに従来のアセットマネジメント事業とマンスリーマンション運営事業を再編集し、総合的な不動産運用マネジメント体制を構築する。加えて、このたびの組織変更に伴い、不動産オーナーに向けた保有資産の予示管理・修繕工事提案、これまでの一般的な賃貸管理、マンスリーマンション、民泊の集客・運営までを、ワンストップで行えるようになるという。

【参照記事】
SQUEEZE、スター・マイカとの協業による民泊とマンスリーマンションを掛け合わせたアップサイドシェアプランの提供開始
【参照サイト】
スター・マイカ、民泊事業に本格参入 SQUEEZEとの協業による民泊とマンスリーマンションを掛け合わせたアップサイドシェアプランの提供開始
【コーポレートサイト】
・株式会社SQUEEZE
・スター・マイカ株式会社
【サービスサイト】
・mister suite
・suitebook
【関連記事】
・SQUEEZEがケネディクスと資本業務提携、宿泊施設の調達やシステム開発を加速。

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で