「TEMAIRAZU」シリーズと「accommod(アコモド)」がシステム連携、宿泊施設の業務を効率化。

「TEMAIRAZU」シリーズと「accommod(アコモド)」がシステム連携、宿泊施設の業務を効率化。

手間いらず株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡邉哲男)が提供する、複数のオンライン宿泊予約サイトを一元管理できる「TEMAIRAZU」シリーズは、株式会社タップ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:清水吉輝)が提供する宿泊管理システム「accommod(アコモド)」と、2018年3月23日よりシステム連携を開始した。

これにより、「accommod」を利用している宿泊施設は「TEMAIRAZU」シリーズと平行して利用することで、在庫の一元管理が可能となり、業務の効率化を図れるという。

「TEMAIRAZU」シリーズは、予約取得・在庫管理を24時間365日自動で行え、売上最大化を担う機能を多数搭載した、国内宿泊施設向けのASPシステムだ。予約情報の取得間隔が短いためオーバーブッキングを抑止できたり、作業の効率化やコスト削減などができる。予約情報をPMSに出力でき、手入力する手間を省くだけでなく、入力漏れやミスを防ぐこともできる。

対応可能な予約サイトは、国内宿泊予約サイトでは楽天トラベル、じゃらん.net、るるぶトラベルなどがあり、海外宿泊予約サイトではBooking.com、agoda、Expediaなどがある。加えて、自社ホームページ用予約システムでは、ダイレクトイン、予約プロ、OPTIMAなどがある。

小規模宿泊施設に特化したホテルシステムの「accommod」は、施設の特徴を活かし、魅力や地域の文化を最大限に発信できるようにと開発されたシステムだ。宿泊プランの販売からチェックアウトまでの手作業を減らし、業務の効率化が図れる。タブレットを使いチェックイン・アウトができるほか、簡単な設定で予約機能をホームページに追加できる。さらに、英語・中国語・韓国語にも対応しており、インバウンド対策もできるという。

「TEMAIRAZU」シリーズの概要は、こちらから
「TAP」についての概要は、こちらから

【参照サイト】
手間いらず、株式会社タップが提供する宿泊管理システム『accommod』と連携を開始
【コーポレートサイト】
・手間いらず株式会社
・株式会社タップ
【サービスサイト】
・TEMAIRAZU
・accommod
・比較.com
・予約.com
【関連記事】
・TEMAIRAZUシリーズ、Airbnbや韓国ホールセラーの宿泊予約システムなどと連携開始

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る