イー・エージェンシーとガーネットが事業提携、インバウンド向け京都案内スマホアプリ「Kyoto In JH」提供開始。

イー・エージェンシーとガーネットが事業提携、インバウンド向け京都案内スマホアプリ「Kyoto In JH」提供開始。

株式会社イー・エージェンシーは2月14日、株式会社ガーネットと事業提携したことを発表した。事業提携第1弾として、京都案内スマホアプリ「Kyoto In JH」を本格的に提供開始する。

イー・エージェンシーは、デジタルマーケティング企業だからこそできる“おもてなし”を目指し、2015年より創業地の京都にて、インバウンド向けオムニチャネル型プロジェクト「おかげプロジェクト」に取り組んできた。この一環として、京都に根差した事業で急成長を遂げるガーネットと提携し、両社の強みを活かした事業を開発・推進したい考え。

アプリは、ガーネットが訪日外国人観光客向けに京都市内で展開するシティホテル「JAPANING HOTEL」の利用客が主なターゲットで、京都滞在を充実させるワンストップサービスを提供する。現在、日本語・英語で表示可能だが、今後は中国語・韓国語など、各国の言語に拡張する予定だ。

アプリにはホテルへの道案内機能がある。「JAPANING HOTEL」を登録することで、土地勘のない旅行者でも迷わずたどり着くことができる。また、同ホテル周辺の観光地や飲食店、コンビニ、駐車場などの情報を簡単に見ることができる。これにより、周辺の地理が理解でき、観光プランも立てやすくなる。

京都の文化を楽しめる体験サービスも紹介し、アプリ内で予約可能だ。着物レンタル・サムライ体験・清水焼の陶芸体験など、京都ならではの体験型の旅を提案する。さらにホテルの宿泊ゲスト向けに、便利でお得な情報がプッシュ通知で届く機能もある。位置情報を活かし、京都に入ったときや、現在位置周辺のイベント・観光案内など、タイムリーな情報を提供する。

イー・エージェンシーは、データアナリティクス事業・カイゼンソリューション事業などを行っている。2015年12月、子会社とともに訪日外国人向けゲストハウス「京都清水おかげ庵」を、京都市東山五条に開業。「おかげプロジェクト」のテストマーケティングツールとして、外国人ユーザーとの接点を担う。同プロジェクトを通して、多くの老舗や企業との連携を深め、京都の伝統文化を世界に発信する取り組みを進めていくという。

2016年11月には「Kyoto OK」をリリースした。このアプリでは、京都市内のゲストハウスに宿泊する訪日外国人旅行客向けに、京都ならではの“おもてなし”を提供している。

ガーネットは、京都市内で不動産仲介業、ゲストハウス・ホテル事業等を行っている。同社が運営する「JAPANING HOTEL」は主に外国人観光客向けで、京都市内に54施設(建設中含む)、300室以上を展開する。「ゲストハウスと同価格帯でいて、シティホテルの様な高いデザイン性」がコンセプトだ。同社のノウハウを活かし、着付け体験・飲食・シャトルバスでの観光など、異なる分野のサービスを組み合わせ、上質で新鮮味のある京都旅行・京都体験を提案している。加えて、物件オーナー向けには、サブリースやゲストハウス事業の運営代行を行っている。

京都への外国人観光客は年々増え続け、2016年の京都市内の観光客数は約5,522万人、市内の外国人宿泊客数は約318万人に上る。こうした状況に応えるため、両社のノウハウを活かしたホストとゲストどちらにもメリットのあるサービスを、今後の事業提携の展開として考えている。

■京都案内スマホアプリ「Kyoto In JH」

【参照記事】
インバウンド向け京都案内スマホアプリ「Kyoto In JH」を提供開始 ~ 京都創業のイー・エージェンシー、京都のゲストハウス・ホテル事業等を手掛けるガーネットと事業提携
【参照サイト】
インバウンド向け京都案内スマホアプリ「Kyoto In JH」提供開始、京都創業のイー・エージェンシーとガーネットが事業提携

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る