株式会社エボラブルアジア、子会社にてAirbnb向けワンストップサービスを提供開始。導入から運営までサポート。




株式会社エボラブルアジア、子会社にてAirbnb向けワンストップサービスを提供開始。導入から運営までサポート。

株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区 代表取締役社長:吉村英毅)は2月13日、Airbnb Japan株式会社(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ)と、コンソーシアム型代行サービス「ワンストップサービス」の包括的業務提携に関する覚書を締結したと発表した。これにより、Airbnbに特化したコンソーシアム型代行サービスを行う、日本初の公式パートナーとなる。

さらに、従来のホテル・旅館領域向け代行サービスの事業基盤・経験を基礎とした新会社「株式会社エアトリステイ」(本社:東京都港区 代表取締役社長:吉村英毅)を設立した。さまざまな企業の協力および提携を「コンソーシアム」として集結し、「ワンストップサービス」を開始する。各協力パートナー会社のサービスを利用することで、空き家・空き部屋の活用方法を多種多様に提案し、日本各地の地元に暮らすような旅を提供できる。また、住宅宿泊事業法に従った、適正・安全・安心・高品質のサービスを提供する。

株式会社エボラブルアジアは、アジアを舞台に、オンライン旅行事業や訪日旅行事業、ITオフショア開発事業などを行っている。2017年5月に、日本国内のユニークな体験を提供するホテル・旅館等の掲載についてAirbnb社と業務提携し、宿泊施設向けにAirbnbプラットフォームへの掲載代行を進めると公表していた。

業務提携の背景には、必要となるサービスが多岐にわたるホームシェアを、一社ですべてまかなう体制が確立されていなかったという事情がある。2018年6月15日施行の「住宅宿泊事業法(民泊新法)」に向け、空き家・空き部屋の活用の期待が高まり、多くの不動産オーナーや管理事業者が「準備」や「運用」を外部に委託することを望んでいる。このことから「ワンストップ」でサービスを提供できる事業者が強く求められていた。

株式会社エアトリステイが提供するサービスは、法的な届出やリノベーションなどの「準備」、家具・家電・通信機器などの「セットアップ」、予約管理やトラブル対応などの「運営代行」がある。全16種類のラインナップで、住宅宿泊事業の導入から運営までサポートする。オープン当初はサービス品質を担保するため、インバウンド主要6都市(東京・大阪・京都・那覇・福岡・札幌)にて展開するという。

株式会社エボラブルアジアは、「今後も当社とAirbnbは提携を強化し、より良いサービスの提供につとめるとともに、さらなる相互の事業拡大、発展に邁進してまいります」と述べた。

■ワンストップサービス協力パートナー(順不同)
ソフトバンク株式会社:通信サービスの提供
SATO行政書士法人:行政文書作成・法的申請の支援
スタジオアンビルト株式会社:インテリアコーディネート・スタイリング
モダンデコ株式会社:家具の提供
株式会社ビックカメラ:家電の提供
CCCマーケティング株式会社:写真撮影・コンテンツ作成
西新サービス株式会社:清掃・リネン交換
損害保険ジャパン日本興亜株式会社
株式会社プライムアシスタンス:駆けつけサービス

【参照記事】
・エボラブルアジア、Airbnb向けワンストップサービスを子会社のエアトリステイにて提供開始
・Airbnb向け「ワンストップサービス」を当社子会社 株式会社エアトリステイにて提供開始 ~Airbnbに特化したコンソーシアム型代行サービスにおける日本初の公式パートナーへ~
【参照サイト】
Airbnbの日本国内のユニークな体験を提供するホテル・旅館予約サービスへの本格参入に伴う業務提携に関する契約締結のお知らせ~Airbnbに掲載する特徴的な日本国内ホテル・旅館開拓を独占的に引受開始~
【コーポレートサイト】
・株式会社エボラブルアジア
・株式会社エアトリステイ
・Airbnb

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で