「ホテル番付」に新機能追加、ホテル運営の改善点を瞬時に把握可能。

「ホテル番付」に新機能追加、ホテル運営の改善点を瞬時に把握可能。

株式会社空は24日、ホテルのための市場分析エージェント「ホテル番付」の新機能追加を発表した。従来より細かくホテル運営を分析でき、成果につなげられる。

「ホテル番付」は1万軒以上の宿泊施設データを無料で見ることができる日本初のサービスだ。全国のホテルや旅館情報を自動で調査・分析し、ホテル運営者は競合の業績と比較して客観的に改善点を把握できる。2017年8月に提供を開始し、現在導入している宿泊施設は全国で1000を超える。

新機能「日ごとの調子を見る」は、これまで月ごとだった成果の振り返りが営業日ごとに確認できるようになる。人工知能(AI)の「機械学習」を使い、ホテル運営が順調・不調な日の発見と価格・稼働率の傾向を営業日ごとに分析でき、価格設定の見直しやスタッフの効率的な配置を瞬時に把握できる。

新機能は2017年11月に開始した有償プラン「ホテル番付プラス」(月額1万円・税別)に搭載される機能だが、リリースを記念して2月3日(土)まで無料会員を含むホテル番付全ユーザーに公開する予定だ。

2015年に設立した空は、人工知能(AI)を使いホテルの料金設定を効率化する「マジックプライス」も提供している。競合施設の価格やイベント情報を組み合わせたデータを自動分析して推奨料金を提示し、エクセル等で行っていた管理の手間を省けるサービスだ。「ホテル番付」の新機能によって新たにマジックプライスへの呼び込みも図る。

ホテルの経営分析や料金設定が手間なくできるB2Bの分野に特化した同社は、ITに詳しい人員の確保が難しいホテルの人手不足解消をサポートできるだろう。今後は、日本全体で約5万軒あるホテル・旅館のうち約10%にあたる5000ユーザーを目標にサービスの拡大を目指している。松村社長は「海外展開も視野に入れている」という。

松村社長は大学卒業後ヤフー株式会社で広告を担当した。もともと起業志向があり「テクノロジーを使って、経験や勘に頼っていたホテル業界を支援できる」と思ったのが原点だという。空はベンチャーキャピタルの500 Startups Japan、インキュベイトファンドなどが出資している。

【参照記事】
ホテル「好不調」日次で分析 空が機能追加
【参照サイト】
・「ホテル番付」の新機能が公開。ホテルの価格・稼働率を日ごとに分析し、改善すべき日の発見がカンタンに
・【プレスリリース】日本初!1万軒以上のホテルデータが無料で見られる新サービス「ホテル番付」を提供開始

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で