無料の通訳サービスを受けられるアプリ「TELP(テルプ)」、β版リリース




無料の通訳サービスを受けられるアプリ「TELP(テルプ)」、β版リリース

TELP PROJECT(アプリ開発代表:原口 亮太氏)が、株式会社グラファイト(本社:東京都渋谷区、代表取締役:野村 祐氏)と共同で通訳マッチングアプリ「TELP(テルプ)」を公開した。

同サービスは外国語対応に困る全国各地の観光事業者(旅行、土産屋、工芸品店、酒蔵、寺社など)をサポートすることを目的としており、アプリを介してボランティア通訳者とつながり簡易的な通訳を受けることができるという。

チャット通訳、電話通訳の2つの機能があり、チャット通訳は英語、中国語、韓国語など外国語を話せる人とアプリ上でつながりチャットで会話をすることが可能。簡単な挨拶や外国語メニューの表記相談の受け付けなどを想定。電話通訳は、アプリに登録している通訳者と直接電話することが可能。突然の外国人来客や、ミスコミュニケーションで問題が生じた時などの利用が想定される。

通訳者は、「日本をもっと紹介したい」「空き時間に、学んだ外国語をもっと活用したい」というモチベーションを持つ観光ボランティアや通訳に興味があるユーザーや、「自分の国から日本に旅行に来た人を手助けしたい」という留学生などを募集するという。語学レベルは問わず、外国語学習や外国語コミュニケーション実践の場としての活用を目指す。

現在は、利用料、通訳料ともに完全無料のβ版でのリリース。観光ボランティアや留学生などの協力を仰ぎながらアプリの需要テストを行い、2018年1月に通訳案内士法が施行され通訳案内士に関する法律が緩和されるタイミングに合わせ有料でのオンライン通訳案内プランなどへとサービスを拡張する予定だ。

政府が2020年までに訪日外国人観光客4,000万人を目指す方針を掲げ、観光大国化を目指す一方、各地の観光事業者が外国語対応に困るケースも多くある。「食品の伝統やこだわりをもっと正確に伝える」「地元のおすすめを紹介する」といったことから、「食事アレルギーや宗教上のルールを確認する」「ミスコミュニケーションによる誤解を解消する」といったことまで、通訳のニーズは多岐に渡る。外国人旅行者自身が滞在中の通訳サポートとして利用することもできるため、注目を集めそうだ。

■iOS向けアプリ「TELP」(2017年9月25日(月)より公開)
本アプリケーションは、iOS デバイス用の App Store でのみ入手可能。
利用料金:無料

【参照記事】
無料通訳マッチングアプリ「TELP」をリリース
【サービスサイト】
TELP

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で