1万軒を超えるホテルデータ比較サービス「ホテル番付」無料で提供開始




1万軒を超えるホテルデータ比較サービス「ホテル番付」無料で提供開始

ホテル、旅館の料金設定を効率化するサービス「MagicPrice」を提供している株式会社空(本社:東京都渋谷区、代表取締役:松村 大貴氏)が、8月29日からホテルデータの比較サービス「ホテル番付」を無料で提供開始したことを発表した。

宿泊施設には、日々の需要に合わせた販売戦略や価格設定を行うという特性がある。それらの成否を正確に測るには、近隣ホテルとの業績比較が欠かせないが、これまでは情報開示に同意したホテルが互いに業績を申告し合わなければならない制限があり、正確な効果測定が困難だった。お互いの情報が見えないことで、ホテル間の必要以上の価格競争にもつながっていたという。

同サービスでは、1万軒を超えるデータベースから自社や競合ホテルを選び、各社の業績を比較することで客観的にホテル経営をチェックすることが可能という。同日に各ホテルでどの程度の予約、売上があったのかを比較することで、毎日変わる旅行者の需要に合わせた販売ができていたのかを評価することができる。各ホテルのデータは、インターネット上に公開されている客室価格と販売室数を用いた、特許出願中の計算方法によって導きだされるという。クラウドサービスのため、専用端末なども一切不要。インターネットがつながれば、どこからでも無料で利用できる。

宿泊事業者にとっては、自分がどの位置にあるかが分かるので、今後の方向性や戦略などを定めるのに良いツールとなるだろう。

■株式会社空について
2016年7月よりホテル料金設定を効率化する「MagicPrice」を提供。今回発表された「ホテル番付」と「MagicPrice」を組み合わせ、日本のホテル・旅館を総合的に支援することを目指している。ホテル向け事業はシリコンバレーを拠点とする世界最大級のシード投資ファンド、500 Startupsからの出資を受けて開始。2016年9月には神戸市で行われた500 Startupsのアクセラレーションプログラムにも参加している。

【参照リリース】
日本初!1万軒以上のホテルデータが無料で見られる新サービス「ホテル番付」を提供開始
【コーポレートサイト】
株式会社空
【サービスサイト】
・ホテル番付WEBサイト
・MagicPrice WEBサイト

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で