TEMAIRAZUシリーズ、Airbnbや韓国ホールセラーの宿泊予約システムなどと連携開始




TEMAIRAZUシリーズ、Airbnbや韓国ホールセラーの宿泊予約システムなどと連携開始

比較.com 株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡邉哲男氏)とAirbnb(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ)は、業務提携に関する契約を締結した。両社は2017年7月3日以降、国内宿泊施設向けに複数の宿泊予約サイトを一元管理できる「TEMAIRAZUシリーズ」と世界最大手民泊サイト「Airbnb」との間のシステム開発・連携を開始した。

小規模で個性的な宿泊施設(旅館、町家、オーベルジュなど)は、Airbnbへのリスティング掲載を「TEMAIRAZUシリーズ」を経由して登録することが可能になる。これらの宿泊施設は、事前にユニークで小規模であることを示すため特定の基準を満たす必要があり、標準機能の在庫・料金・予約情報の管理に加え、リスティング管理機能により施設画像の掲載・変更等が可能になる。宿泊施設は、販路拡大と同時に、他予約サイトとの一元管理で稼働率アップや収益向上を「TEMAIRAZUシリーズ」によって効率的に図ることができる。

また、韓国を代表するホールセラー旅行会社の株式会社HANATOUR JAPAN(本社:東京都港区、代表取締役:李 炳燦)が運営する、宿泊予約システム「JAPANTOMARU」とも2017年7月3日より連携を開始した。同社は、韓国を含む中国や東南アジアのインバウンドマーケットを強みとし、主に訪日旅行客向け旅行手配を展開している総合旅行社。受注型の企画商品も多数取り揃え、宿泊施設の提携数を伸ばしている。

さらに、株式会社くまもとDMC(本社:熊本県熊本市、代表取締役:村田 信一氏)が運営する予約サイト「熊本発 熊本再発見メディア おるとくまもと」ともシステム連携を開始した。

くまもとDMCは、日本で初めて地域銀行と自治体が出資する日本版DMO(目的地型観光振興会社)。オリジナルの観光振興専用分析データベースを構築するため、複数の企業から提供されるデータを集約し、地域観光経営のマーケティング活動に活用、地域活性を図るという。今年4月にオープンした予約サイトにおいて、熊本の宿泊施設・観光・食・文化・お祭り・アクティビティ等のキュレーションコンテンツを発信し、観光客誘致を行う。

本年、熊本県の宿泊客数は、震災後に比べ回復傾向にあるので、『TEMAIRAZUシリーズ』との様々な宿泊予約システムとの連携により、施設の稼働率がさらに向上することを期待している。

【参照記事】
・旅館、町家、オーベルジュ予約に向け手間いらず、Airbnbとの連携開始~国内予約サイトコントローラ初のシステム連携~
・手間いらず、韓国ホールセラーHANATOUR JAPANの宿泊予約システム『JAPANTOMARU』と連携
・手間いらず、新規宿泊予約サイト『おるとくまもと』とシステム連携開始 〜熊本の復興支援パートナーシップ〜
【サービスサイト】
・手間いらず
・Airbnb
【コーポレートサイト】
・株式会社HANATOUR JAPAN
・株式会社くまもとDMC

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で