ホテルサンルートプラザ新宿、デジタルサイネージシステム「MIRACLE VISUAL STATION」採用

ホテルサンルートプラザ新宿、デジタルサイネージシステム「MIRACLE VISUAL STATION」採用

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:伊東 達雄)は6月22日、ホテルサンルートプラザ新宿がデジタルサイネージシステム「MIRACLE VISUAL STATION」を採用したと発表した。

訪日外国人観光客が増加する中、ホテルサンルートプラザ新宿でも利用者の8割以上が外国人を占めており、インフォメーションサービスの多言語化の強化とともに、より多くの情報を提供できる仕組みが求められていた。

同ホテルでは、約10年前にデジタルサイネージシステムを導入していたものの、操作性やコンテンツ更新のスピードに難があり運用面の課題が多かった。しかし、複数のデジタルサイネージシステムを比較したところ、コンテンツの配信から表示までの速度や、高い耐環境性能をもつ点において「MIRACLE VISUAL STATION」が優れており、採用にいたった。決め手は、導入までの支援を施工会社とミラクル・リナックスが連携して行ってくれたという点にもあったという。

「MIRACLE VISUAL STATION」は、コンテンツ作成から配信まで一気通貫で操作ができ、優れた防塵性と耐久性をもつ堅牢なハードウェアを採用しているので、半屋外などの過酷な設置環境にも対応。また、LinuxのOSレベルからアプリケーションまでカスタマイズ可能なため、お客様のニーズに応えて、カスタマイズ導入支援や導入後のサポートまで提供している点が安心だ。

ホテルサンルートプラザ新宿での導入後は、全ての宿泊客が行き来するエントランスに2台のモニタを設置。現在は4名のスタッフで、デジタルサイネージのコンテンツ作成から配信、表示、更新を行っているという。モニタには、フロアマップやリムジンバスの時刻表、宴席案内などの情報が、日本語、英語、中国語、韓国語で表示されている。

こちらの導入により、多言語によるコンテンツ配信が手軽にかつ充実した情報提供を実現でき、さらには、フロントスタッフの問い合わせ対応業務が軽減したという。今後も、配信するコンテンツを充実させ、サービスのさらなる拡充を目指すそうだ。サービスの発展と人材対応の軽減により、費用削減も期待できる。

【参照記事】
ホテルサンルートプラザ新宿、サイネージシステム「MIRACLE VISUAL STATION」を採用
【サービスサイト】
「優しい!頼れる!タフサイネージ」MIRACLE VISUAL STATION(MVS)とは

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る