エクスペディア、適正な料金設定支援サービス提供開始。将来はAIでの推奨価格提案も




エクスペディア、適正な料金設定支援サービス提供開始。将来はAIでの推奨価格提案も

エクスペディア・グループが、登録するホテルや旅館向けに適正な料金設定を支援するサービスの提供を開始した。競合の価格同行と地域の宿泊需要をリアルタイムに表示することで、経験や勘に頼った値決めを改め、収益最大化を助ける。

サービス名称は「REV+(レブプラス)」。同社の予約管理システム「Expedia Partner Central (EPC)」に機能追加され、契約宿泊施設は無料で利用できる。昨年末からアメリカで提供されていたものが、日本をはじめ全世界で展開されることとなった。

主な機能は4つ。「料金カレンダー」は、365日先まで自社と競合宿泊施設の最低料金を比較。「マーケットアラート」は、過去24時間以内に行われた競合施設の変更内容が通知される。「概要」で、特定の日の競合施設の料金情報や需要予測を表示。さらに、「競合施設の料金トレンド」で、自社と競合双方の過去45日分の料金変動を確認することが可能になる。競合宿泊施設は、最大20施設まで設定することが可能という。

エクスペディアホールディングス首都圏第一事業本部本部長の西浦 亮氏は、世界の宿泊施設でレベニューマネージメント機能を導入しているのは全体の15%以下にとどまっており、15日前からADR(平均客室単価)が下落する傾向にあることから、「REV+を利用すれば、時間と費用の節約とともに最適な価格設定が可能になるため、収益向上に貢献できる」とアピールしている。

2~3年以内には人工知能(AI)で推奨価格を提案する機能も追加される予定。訪日客急増で競争も激化するなか、宿泊施設にとっては心強いツールとなりそうだ。

【参照記事】
・エクスペディア、宿泊施設向けの収益管理ツールを無償提供、1年先までの競合との料金比較や特定日の予測も
・エクスペディア、ホテル料金の適正化支援

(HOTELIER編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で