訪日外国人対応のホテル向けAIチャットコンシェルジュ「Bebot」サービス開始

訪日外国人対応のホテル向けAIチャットコンシェルジュ「Bebot」サービス開始

株式会社ビースポーク(本社:東京都港区、代表取締役:綱川 明美氏)が、訪日外国人向けAI(人工知能)チャットコンシェルジュ「Bebot」のサービス提供を、カンデオホテルズ上野公園(所在地:東京都台東区)で開始した。

同サービスは、2016年に日本で初めてAIでの訪日外国人向けホテルコンシェルジュ業務を可能したもの。スマートフォンを介して、365日いつでも訪日外国人の質問やリクエストにリアルタイムで多言語対応することができる。日本語を話せない観光客にも、宿泊施設側にも大変便利なシステムだ。

宿泊施設は、チェックイン時に「Bebot」へアクセスするためのコードを宿泊客に付与。外国人宿泊客は自身のスマートフォンから普段利用しているメッセージングツール(Facebook Messenger等)を使って、チェックアウト時までいつでも「Bebot」へ相談することができる。

カンデオホテルズ上野公園へは、英語で対応するAIコンシェルジュサービスを提供している。同社では今後、宿泊施設だけでなく、訪日外国人が利用するサービス提供企業との幅広い連携を進めていくという。

会社HPはこちら (英語のみ)
サービスURLはこちら

【参照リリース】
訪日外国人向けAIコンシェルジュ「Bebot」、国内初のホテルチェーン向けサービス提供を開始

(HOTELIER編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る