USENバナーコンテンツ上部

【ミエルモ】屋根修理をする前に火災保険申請をしましょう

台風で家や屋根が壊れたら、修理費用が火災保険から出るって本当?

近年の温暖化の影響か大気が台風の威力や発生数も、以前とは比べ物にならないほど大きく・増えてきました。
自然災害、台風や地震などで家が壊れてしまった場合の保険はどうなっているの??
と不安な人も多いと思います。
今回はそんな皆さまへお薦めのミエルモの火災保険をご紹介いたします。

ミエルモの詳細はこちら

火災保険ならミエルモ

マイホームを購入した際に、とりあえず加入をしている火災保険。
実際に、この保険がどんなことに使えるのかは証券を見ただけでは正直わかりにくいです。
まずは火災保険の基本をご紹介いたします。

火災保険の基本

火災保険とは、「火災」が発生した時に、ご自宅や所有されている建物を補償してもらう為の保険になります。
しかし、実は火災以外にも、自然災害(風災、水災、雷災、雪災、雹災)で被害に遭った場合にも保険を使うことができます
火災保険という名前から、こういった自然災害にも対応していることを多くの方が知らずにいるのです

火災保険の主な補償内容

火災保険の主な補償内容は下記の通りです。

上記のような自然災害で、ご自宅に損害が出た場合、火災保険を使って修理費用を請求することが可能となっています。

火災保険の補償内容(建物、家財の違い)

火災保険は、加入時の契約内容によって補償の内容が変わってきます。
補償対象になっている項目は、保険証券で確認することができます。

現在、被害に遭われていなくても、一度加入されている保険の内容を把握しておき、場合によっては保険の見直しも検討されても良いかもしれません。
火災保険においての補償の対象は、「建物」と「家財」にわかれています。
契約時に、「建物と家財の両方」、「建物のみ」などを選択されて契約をされています。
それぞれの補償内容については下図に例をまとめておきましたのでご参照ください。

「建物」か「家財」の判別の基準は、動かせるかどうかで判断されています。
動かせないものを「建物」、動かせるものを「家財」とされています。
ただ、動かせないものであっても、保険会社によって解釈が異なる部分もあります。

例:エアコンを家財扱いになったり、ならなかったり。
こういった部分については、契約されている保険会社へ確認された方が確実です。
火災保険の基本契約は、「建物への補償」が基本となっています。
家財については加入時に選択をしていない「補償外」となります。
災害で屋根が壊れても火災保険に加入していれば安心ですね。

近年火災保険の申し込みが増えている背景


資料出典元:損害保険料率算出機構「火災保険・地震保険の概況2018年度版」

火災保険は、上記でも解説している通り火災だけでなく、風災、水災、雷災、雪災、雹災も補償の対象となっています。

毎年のように過去最高レベルと言われる大型台風が直撃おり、台風による損害は「風災」の補償範囲で利用することができます。
また、台風に伴う大雨で河川が氾濫して起こる洪水被害などは、「水災」で補償を受けることができます。
上記グラフ中の黄色と青が件数としては増加していますが、これは台風や大雨による被害によるものと推察されます。

保険金の支払い状況に最新のデータは、10年前と比べると全体で約2倍に増加しています。
自然災害についても4倍以上の増加率となっており、自然災害による損害が増えていることがわかります。
増加率の高い自然災害は、台風や大雨による被害が多いと思われます。

火災保険の損害事例

台風などの強風で損害が出る例は下記になります。

屋根の瓦が飛んだ(ズレて)しまった
棟板金が浮いて(外れて)しまった
雨漏りがする(天井が滲んでいる)
窓ガラスが割れた
軒天が破損した
ベランダが破損した(傾いた)
外壁が凹んだ
塀、門、車庫、フェンス、カーポートが破損した(傾いた)
など

見に覚えのあるものがあれば、3年以内であれば請求可能ですので、今一度確認されてみても良いと思います。

ミエルモの詳細はこちら


ホテル関連のオススメしたいサービス

電気代の節約サービスや非対面チェックインシステム、ホテルの運営代行サービスなどをご紹介しています。

新時代のウイルス対策

コロナ対策で光触媒!先着100名様限定!
¨ホテリエみた¨で5%off
「ウイルス侍」
 

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。
ホテル・旅館の運営代行なら「オックスコンサルティング」

詳細を見る


あなたにオススメ

記事をもっと見る