楽天LIFULL STAYと東京アライブエステート、「Rakuten STAY MOTEL」の販売における業務提携に合意。

楽天LIFULL STAYと東京アライブエステート、「Rakuten STAY MOTEL」の販売における業務提携に合意。

楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAY株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:太田 宗克、以下「楽天LIFULL STAY」)と、不動産販売および建築事業を手掛ける東京アライブエステート株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:大和田 浩、以下「東京アライブエステート」)は6月25日、楽天LIFULL STAYが提供する民泊・簡易宿所向けのブランディングおよび運用代行サービス「Rakuten STAY」のサブブランド「Rakuten STAY MOTEL」に関する業務提携に合意した。

本提携により東京アライブエステートは、楽天LIFULL STAYが監修し、株式会社グリフォンが企画およびコンセプトデザインをする「Rakuten STAY MOTEL」の販売代理店として、不動産オーナーへの営業活動を行う。なお、東京アライブエステートは、同ブランド施設の設計および施工も担う予定である。

「Rakuten STAY MOTEL」は、郊外の道路に面した敷地を中心に建設される、主にグループや家族での自動車による旅行に適した宿泊施設ブランド。「ガレージハウス」というコンセプトのもと、様々な用途で利用できるビルトインガレージや、施設に隣接する駐車場が組み込まれたデザインが特徴だ。さらに、楽天コミュニケーションズが提供する「あんしんステイIoT」や「スマートロック」を導入予定で、タブレット端末を活用したチェックインや、暗証番号でドアの開閉を行うことができるため、オーナーや旅行者の負担を軽減できるのだという。2018年7月1日より、不動産オーナー向けに同施設ブランドへの申込受付を開始する予定だ。

楽天LIFULL STAYは「Rakuten STAY」において、今回の「Rakuten STAY MOTEL」だけでなく、戸建型宿泊施設やホステル、京町家といった宿泊施設のタイプ別サブブランドを提供している。利用者の旅行における宿泊施設選びを容易にするため、今後も、様々なサブブランドの展開を目指している。

■「Rakuten STAY MOTEL」概要
販売・設計・施工: 東京アライブエステート株式会社
企画・コンセプトデザイン: 株式会社グリフォン
ブランディング(ブランド貸与): 楽天株式会社
運用代行: 楽天LIFULL STAY株式会社
構造: 木造2階建(※基本構成として、外部の共用通路に面して客室が連続しています)
階数: 地上2階
定員: 4名部屋(定員4名)※ダブルベッド2台/5名部屋(定員5名)※シングルベッド2台、布団3組
主な施設・設備詳細: ガレージまたは施設内駐車場、露天風呂、シャワールーム、キッチン、冷蔵庫、洗濯機、ダイニングテーブル、テラス、バーベキューグリル
寝室設備: 4名部屋/ダブルベッド2台、5名部屋/シングルベッド2台、布団3組
不動産オーナー向けお問い合わせ窓口はこちら

【参照記事】
楽天LIFULL STAYと東京アライブエステート、「Rakuten STAY MOTEL」の販売において業務提携
【コーポレートサイト】
・楽天LIFULL STAY株式会社
・東京アライブエステート
・株式会社グリフォン
【関連記事】
・楽天LIFULL STAYが「Vacation STAY」にて予約受付を開始、許認可を受けた施設のみ掲載。
・楽天LIFULL STAYがブランディング・運用代行を行う「Rakuten STAY HOSTEL Art cafe & bar Osaka Shinsaibashi」が6月9日にオープン。
・楽天LIFULL STAYとハイアスが提供する戸建型宿泊施設「Rakuten STAY HOUSE×WILL STYLE」の第一号店が松江市に開業。
・宅都ホールディングスが民泊事業に参入、楽天LIFULL STAYと提携しサブリースで運用。
・楽天LIFULL STAYが民泊物件の登録開始、6月中旬に不動産オーナー向けの「民泊事業スタートパック」を提供予定。
・【速報】本日、楽天LIFULL STAYとクラウドリアルティ業務提携。クラウドファンディングを活用した宿泊施設の開発・供給へ
・楽天LIFULL STAY、3月15日より民泊施設の登録受付開始。楽天トラベルや Booking.com等への掲載も可能に
・【速報】楽天LIFULL STAY、戸建賃貸ネットワーク大手のハイアスと業務提携。民泊向け戸建型宿泊施設の供給へ
・楽天LIFULL STAY、世界最大の宿泊予約サイトBooking.com と民泊事業で業務提携
・楽天ブランド「Rakuten STAY」運用開始。合法民泊のコンサルから運用代行サービスを提供
・楽天LIFULL STAY、 台湾と中国の民泊サイトと業務提携。民泊シェア獲得へ

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で