楽天トラベル、「朝ごはんフェスティバル2018」を開催。朝食日本一に選ばれたのは…

楽天トラベル、「朝ごはんフェスティバル2018」を開催。朝食日本一に選ばれたのは…

楽天トラベルを運営する楽天は2018年11月28日、日本全国の楽天トラベル登録宿泊施設が競い合う、朝ごはんの料理コンテスト「朝ごはんフェスティバル 2018」を開催し、今年の日本一の朝ごはんが決定した。

「朝ごはんフェスティバル」は、朝ごはんに注力する日本全国のホテルや旅館、各メニューに反映された地域の食文化、そして“朝ごはんをきっかけに行く旅”の魅力を広く紹介するために、2010年より楽天トラベルが毎年開催しているイベント。

9回目を迎えた今年は、日本全国約1300の宿泊施設がエントリー。一般ユーザーのウェブ投票などによる「一次審査」、一般審査員約600名の試食と投票による「二次審査」を通過した6施設がファイナルステージに進んだ。

ファイナルステージは、6施設のシェフが腕によりをかけて2品の朝ごはんを調理。料理に込めた思いやこだわり、食材などについて審査員の前で熱く語った。審査員は神田川俊郎氏をはじめとする4名が、「美味しさ」「コンセプト」「表現力」「独創性」「地域性」「朝ごはんとしての適切性」「技術」の7項目を審査した。

このたび見事優勝を果たし「日本一美味しい宿の朝ごはん」の称号を得たのは、岐阜県の「岐阜都ホテル」が出品した【あゆ雑炊~香ばしい鮎チップを添えて~】と【奥美濃古地鶏の朴葉味噌焼き】の2品。

岐阜都ホテルは、「岐阜の豊かな素材をお客様に味わってほしい」というシェフの想いが込められた郷土料理を朝ごはんに提供している。あゆ雑炊は、香ばしい鮎の旨味が溶け込んだ優しい味わいで、食べる直前に鮎チップを乗せるとカリカリした食感と鮎の香りをさらに楽しめる一品。

審査員の落合務氏からは「出汁が優しく、鮎が苦手な人でも美味しく食べらる雑炊。2品を合わせて食べても美味しい。」、同審査員の浜内千波氏からは「あゆ雑炊がとてもとても深みがあり、珍しい一品。」と評価された。

準優勝は三重県の「ホテル 季の座」が出品した、コラーゲン入りの見た目にも美しい地鶏卵を使用した玉子蒸しと、魚と野菜で作るシンプルな郷土汁。郷土汁について神田川俊郎氏は、「スープのうま味がしっかりでていて、味わいに奥行きがあった。」と評価している。また今回のフェスティバルに関して神田川氏は「本当に接戦」「色・形・味の三位一体揃った朝ごはんだった」と述べている。

近年、訪日外国人の増加や多様化する旅のスタイルに合わせ、全国的に宿泊特化型のホテルが増加傾向にある。その一方で「ホテルは朝食で選ぶ」というユーザーも最近は増えており、朝食の充実度は顧客満足度を高める大切な要素であると言える。今後も朝食という「個性」を武器に、様々な施設がオリジナリティあふれる味を提供し、新しい朝食文化が生まれていくことを期待したい。

【参照記事】
楽天トラベル「朝ごはんフェスティバル」、優勝は岐阜都ホテル
日本一は「岐阜都ホテル」の朝ごはんに決定!
【参照サイト】
朝ごはんフェスティバル2018

(HOTELIER編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る