【負債総額約3億5,000万円】新潟県妙高市の次井旅館が破産手続き開始へ

【負債総額約3億5,000万円】新潟県妙高市の次井旅館が破産手続き開始へ

新潟県妙高市赤倉でリゾートホテルアルプを経営していた「有限会社次井(つぐい)旅館」が2020年8月6日、新潟地裁高田支部から破産手続き開始決定を受けた。東京商工リサーチ高田支店によると負債総額は推定3億5000万円。同ホテルは他社経営により、営業が継続している。

代表の次井氏は、親子二代にわたり旅館経営をしていたほか、地元でのスキー振興にも長年従事し、公益財団法人新潟県スキー連盟の会長職にも就いていた。

「次井旅館」は1937年に創業し、1980年代後半のスキーブームの際には年商1億円台後半を計上していた。そして1991年には新館「リゾートホテルアルプ」を建設し、以降は同施設のみの経営となっていた。

「リゾートホテルアルプ」は冬期にはホテルの玄関から滑り出しが可能で、さらに赤倉温泉スキー場中央リフト乗り場のまさにすぐ上に位置しているため滑って帰ってくることのできるスキーイン・スキーアウトの施設である。

しかしスキーブームの終了、少雪によるスキー客の減少、さらには景気が悪くなったこともあり業績は低迷し、2005年には投資資金を抱えて資金繰りが限界に達して土地や建物などの不動産は差し押さえ処分となった。

その後2020年2月に県外業者が本店不動産を取得、同時に次井旅館は事業を停止し、精算処理を進めていた。

現在も「リゾートホテルアルプ」は他社経営で営業が続けられている。

 

【参照記事】新潟県赤倉「次井旅館」の破産手続き開始が決定、負債額は3億5000万円
【参照記事】新潟・妙高のホテル経営「次井旅館」に破産決定、負債3億円

(HOTELIER 編集部)


ホテル関連のオススメしたいサービス

電気代の節約サービスや非対面チェックインシステム、ホテルの運営代行サービスなどをご紹介しています。

ホテルの無人化を実現...

手間や労力を約1/3に軽減できるIoTサービス

「あんしんステイIoT」

詳細を見る

新時代のウイルス対策

コロナ対策で光触媒!
先着100名様限定!
¨ホテリエみた¨で5%off
「ウイルス侍」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。
ホテル・旅館の運営代行なら
「オックスコンサルティング」

詳細を見る


あなたにオススメ

記事をもっと見る