訪日外国人にレンタカーで北関西を周遊するプランを販売し観光需要を創出、観光3団体・旅行会社・レンタカー会社が連携

豊岡DMO(一般社団法人豊岡観光イノベーション)、海の京都DMO(一般社団法人京都府北部地域連携都市圏振興社)、一般社団法人若狭湾観光連盟の観光関係3団体と、ランドオペレーターのアヤベックス株式会社、レンタカー事業を行うオリックス自動車株式会社が連携し、新たな観光の取り組みを開始したことが分かった。

昨今、関西を訪れる外国人観光客数が伸びている一方で、大阪や京都の中心地などを含むゴールデンルートに集中しているため、北関西、山陰や北陸など日本海側エリアへ誘致することが課題となっている。また、訪日外国人の旅行ニーズの多様化と興味の深度化によりレンタカー需要が高まってきている。そこで、ドライブツアーによってレンタカーを活用した日本海側の新たな観光ルートを通して、観光需要の創出を目指す。

現状から見たチャンスとして、「訪日外国人の京都大阪以外の地方への関心」「北陸新幹線の2023年の敦賀延伸」「自由な行程と観光客ニーズの多様化」を挙げている。将来を見据えた外国人観光客のレンタカー需要をふまえ、ニーズの多様化に応える自由な商品プランを動かす仕組みを構築し、北関西から山陰や北陸への日本海側ルートを充実させる考えだ。

DMO・観光連盟、レンタカー会社、旅行会社が協力し提供する新たな旅行商品として、北関西の魅力を体験できる訪日外国人向け滞在周遊型商品『海のある北関西のドライブツアー』を造成し、3月3日から販売を開始した。

ドライブツアーは兵庫県・京都府・福井県などの日本海側エリアをレンタカーで周遊するプランで、大阪京都のインバウンドゴールデンルートを踏まえ、日本海側の魅力を打ち出す新たな観光ルートを意識した。シンガポール・タイ・台湾・香港・韓国などのアジアに加え、欧米豪が主なターゲットエリアである。地域の歴史・自然・文化体験などのテーマに基づいた魅力的なコンテンツを集めたプランとなり、さまざまな体験を通じて地域の深い魅力に触れることができる。レンタカー料金、宿泊代のほか、観光3団体が厳選した各エリア特有の体験などが含まれている。また、周遊プランにおける飲食土産店等での特別提供クーポンを発行する。

2020年3月3日~11月30日出発の『関西国際空港IN/OUT 北関西エリア周遊4プラン』として、オリックスレンタカーが提供するSクラス車両1台5日間を組み込んだランドパッケージプランを提供する。「北関西ハイライト」「フォトジェニックに楽しむ」「家族みんなで遊びつくそう」「ラグジュアリー」の4プランあり、それぞれ4泊5日で北関西を堪能できる内容となっている。店舗では多言語音声ナビゲーション(英語・中国語・韓国語)装備し3者間通話サービスに対応しており、外国人旅行者も安心して利用できそうだ。

なお、同プランについては豊岡DMOと海の京都DMOがインバウンド向け商品造成をともに行っている、海外の有力なOTAである「Voyagin(ボヤジン)」に近日中に掲載を行う予定だ。

内閣府によると、レンタカーを利用する訪日外国人は2011年の17.9万人から2017年には140.6万人となり、7年間で約8倍に増加した。また観光庁が2019年3月に発表した調査結果では、訪日外国人旅行者の12%(組数ベース)がレンタカーを利用している。訪日回数に応じて増加傾向にあり、今後のリピーター増加に伴いレンタカー利用は更に増加が予想されるとしている。この傾向は近畿地方整備局の調査でも明らかになっている。

近畿地方整備局が2018年2月~3月に実施した、関西国際空港でレンタカーを借りた訪日外国人旅行者を対象とした「訪日外国人旅行者によるレンタカー利用実態調査」によると、訪日回数が5~30回の旅行客が特にレンタカーを利用しており、リピーターによる利用が多いことが分かる。レンタカーを利用した理由では「時刻を気にせず移動できるから」「荷物が多いから」「たくさんの場所に行けるから」「小さな子供がいるから」などが挙がった。レンタカーを利用した観光の周遊パターンは主に、「近畿・都市部のみ訪問」(42%)、「近畿・地方部も訪問」(32%)「近畿外も訪問」(26%)に分けられる。

こうした調査結果の考察として、次のように述べている。「レンタカーを利用する外国人は、レンタカーの運搬能力や柔軟性から今後も増加すると見込まれる。また、訪日経験の増加、パッケージ旅行から個人旅行へ移行が進むにつれ、訪日外国人旅行者によるレンタカーの利用率は高まるものと考えられる、本調査結果によりレンタカーを利用して、都市部のみを集中的に観光している訪日外国人旅行者が比較的多い一方、関西国際空港から紀伊半島、北近畿、北陸や中国、四国、中部地方など、広域的に周遊する例も確認できた。」

この度販売を開始したプランは、北関西の主要スポット巡りをはじめ、絶景ポイントを訪れたり、伝統文化を体験をしたり、ファミリーでアクティビティを楽しみながら北関西を周遊するプランを用意している。電車やバスに比べて自由度が高いレンタカーとセットのプランは、多様化する旅行ニーズに応えられるだろう。さまざまなエリアに訪れることができ、大阪・京都といったインバウンドゴールデンルートだけでない関西の魅力を提供できそうだ。日本海側エリアの楽しさが伝わり、観光客増加に寄与することを期待したい。

【参照記事】
・外国人の知らない新たな日本海観光ルートを提案 インバウンド向け「海のある北関西のドライブツアー」を造成 ~DMO・観光連盟とレンタカー、旅行会社が新たな観光の取り組みを開始~
【参照サイト】
・内閣府|特集「交通安全対策の歩み~交通事故のない社会を目指して~」
・観光庁|「道の駅」におけるインバウンド対応の現状調査を始めて実施 ~レンタカー観光の増加に伴い「道の駅」の認知度向上・受入環境促進が必要に~
・平成30年度近畿地方整備局研究発表会|訪日外国人旅行者によるレンタカー利用実態調査

(HOTELIER 編集部)


ホテル関連のオススメしたいサービス

電気代の節約サービスや非対面チェックインシステム、ホテルの運営代行サービスなどをご紹介しています。

ホテルの無人化を実現...

手間や労力を約1/3に軽減できるIoTサービス

「あんしんステイIoT」

詳細を見る

新時代のウイルス対策

コロナ対策で光触媒!
先着100名様限定!
¨ホテリエみた¨で5%off
「ウイルス侍」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。
ホテル・旅館の運営代行なら
「オックスコンサルティング」

詳細を見る


あなたにオススメ

記事をもっと見る